著者

藤田 結可 記事一覧

Kaubel編集部キッチン・家電ライター

料理と音楽が好きなキッチン・家電ライターです。最近はコーヒーのハンドドリップに熱中しています。最新家電や便利な調理器具の気になるポイントをとことん調べて、厳選したおすすめアイテムをご紹介します!

KaubelはAmazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、バリューコマース アフィリエイトを始めとする各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がKaubelに還元されることがあります。

おすすめ人気ランキング比較表

商品名 リンク 最安価格 仕上がりの良さ 操作の簡単さ 機能の豊富さ 作れる量の多さ
1ROOMMATE 黒にんにくメーカー RM-AZ1000H ROOMMATEROOMMATE 黒にんにくメーカー RM-AZ1000H 8,370 5.0/5.0 4.5/5.0 4.5/5.0 5.0/5.0
2エムケー精工 黒にんにくメーカー こだわり BGP-05K エムケー精工エムケー精工 黒にんにくメーカー こだわり BGP-05K 19,800円 19,800 5.0/5.0 4.0/5.0 5.0/5.0 5.0/5.0
3エムケー精工 黒にんにくメーカー ミニ BG-03T エムケー精工エムケー精工 黒にんにくメーカー ミニ BG-03T 11,500 4.5/5.0 5.0/5.0 3.5/5.0 3.0/5.0

黒にんにくの効果とメリット

疲労回復や免疫力アップに効果的

黒にんにく
参照元: https://www.amazon.co.jp

黒にんにくは、加齢とともに減少していく成長ホルモンの分泌を促す「アルギニン」という成分を生にんにくの約3倍含んでいて、筋肉の強化や免疫力アップに効果的な食材です。

また、強い抗酸化作用を持つ「S-アリルシステイン」も豊富に含み、疲労回復や生活習慣病、糖尿病の予防にも有効という研究結果が示されています。

肌の健康や美しさを保つ成分が豊富

モデルの女性
参照元: pixabay.com/ja/

黒にんにくは美容に嬉しい成分も多く含んでいて、女性モデルやタレントからも愛用されています。にんにくを熟成させると「ポリフェノール」や「シクロアリイン」の含有量が大幅に増加し、美肌効果、基礎代謝の向上に役立ちますよ。

口臭を気にせずに食べられる

笑顔で歯を見せる女性
参照元: https://www.photo-ac.com/

黒にんにくは、熟成によって臭いの原因となる「アリシン」が取り除かれるため、口臭を気にせずに好きなタイミングで食べられるのも嬉しいポイント。サービス業や営業職など、人と接する機会が多い方でも毎日続けられますよ。

黒にんにく発酵器を使う際の注意点

熟成中は臭いが強くなるため風通しの良い場所で使う

換気扇
参照元: https://www.photo-ac.com/

黒にんにく発酵器の運転中は、にんにくの臭いが漂いやすいのが注意ポイントです。換気扇の下やベランダなど、風通しが良く、臭いのこもりにくい場所で使用しましょう。また、発酵中はダンボールで覆っておくのも臭い漏れ防止に効果的です。

黒にんにく発酵器の選び方

シンプルなワンボタン式は操作が簡単

シンプルな黒にんにく発酵器のボタン
参照元: https://www.mkseiko.co.jp/ls/

操作の簡単さを重視したい方には、シンプルなワンボタン式の商品がおすすめ。にんにくをセットしてスタートボタンを押すだけで使えて、細かい設定をしなくて良いため操作に迷いません。また、ご高齢の方へのプレゼントにもおすすめです。

多機能タイプなら自分好みの仕上がりに調節できる

多機能な黒にんにく発酵器のボタン
参照元: https://www.mkseiko.co.jp/ls/

自分好みの仕上がりを追求したい方には、追加加熱や乾燥モードを搭載した商品がおすすめ。にんにく丸ごとだけでなく、バラしたにんにくや、らっきょうに使えるモデルも販売されています。

ただし、機能の多さに比例して価格も高くなるため、実際に使う機能をイメージして選ぶのが大切です。

1ヶ月分の消費量に合わせて容量をチェック

黒にんにく発酵器をセットする
参照元: https://www.amazon.co.jp

黒にんにくは常温で約1ヶ月保存できるため、1ヶ月分の消費量に合った容量を選びましょう。黒にんにくの適量は1日1〜2片で、1ヶ月間毎日食べた場合、1人分の消費量は30〜60片。つまり、Mサイズのにんにく5〜10玉分となります。

そのため、一人暮らしの方は一度に5〜10玉作れるコンパクトモデル、家族で食べたい方は15玉以上入れられる大きめのタイプがおすすめです。

黒にんにく発酵器の値段相場

節約ぶたの貯金箱
参照元: https://pixabay.com/ja/

黒にんにく発酵器は1万円程度が相場

黒にんにく発酵器の価格は、1万円程度が相場。一度に20玉ほど作れる大容量タイプや、仕上げに便利な乾燥モードを搭載した商品も手に入ります。日本製の商品も1万円台から購入できるため、品質にこだわりたい方はぜひチェックしてください。

黒にんにく発酵器のおすすめメーカー2選

ROOMMATE

ROOMMATEの黒にんにく発酵器
参照元: https://www.amazon.co.jp

ROOMMATEは、暮らしに関する家電を幅広く扱うメーカーです。黒にんにく発酵器は1万円以下と低価格ながら、3面ヒーターや追加乾燥モードなど、黒にんにくを美味しく仕上げる機能が充実。気軽に健康的な食生活を始めたい方におすすめです。

エムケー精工

エムケー精工の黒にんにく発酵器
参照元: https://www.amazon.co.jp

エムケー精工は、「美・食・住」を軸に、企画から製造まで一貫して商品開発を行うメーカー。黒にんにく発酵器の価格帯はやや高めですが、黒にんにくの仕上がりはピカイチ。自社工場で商品の製造を行っているため、高品質な日本製の黒にんにく発酵器が欲しい方にもおすすめです。

黒にんにく発酵器のおすすめ人気ランキング3選

1ROOMMATEROOMMATE 黒にんにくメーカー RM-AZ1000H

8,370

★★★★☆4.8
仕上がりの良さ 5.0操作の簡単さ 4.5機能の豊富さ 4.5作れる量の多さ 5.0

1万円以下で買える高機能な黒にんにく発酵器

Mサイズのにんにくが20玉入る大容量タイプの黒にんにくメーカー。3面ヒーターでにんにくを均一に乾燥させ、バラつき無く仕上がります。

また、追加乾燥モードを搭載していて、水分が多すぎたときに調節できるのも嬉しいポイント。1万円以下とコストパフォーマンスが高く、初めて黒にんにく発酵器を購入したい方にもおすすめの商品です。

2エムケー精工エムケー精工 黒にんにくメーカー こだわり BGP-05K

19,800 19,800円

★★★★☆4.8
仕上がりの良さ 5.0操作の簡単さ 4.0機能の豊富さ 5.0作れる量の多さ 5.0

自分好みの黒にんにくを作れる多機能モデル

にんにくを熟成させる温度と日数の設定に加え、らっきょう、バラにんにく用の調理モードも搭載した多機能な黒にんにく発酵器。好みの食感に合わせて細かく調節できるので、こだわって作りたい方へイチオシの商品です。

また、Mサイズのにんにくを最大18玉まで入れられる大きめのサイズで、家族みんなで食べられるのも嬉しいポイント。毎日の食生活に黒にんにくを取り入れたい方は、ぜひチェックしてみてください。

3エムケー精工エムケー精工 黒にんにくメーカー ミニ BG-03T

11,500

★★★★☆4.0
仕上がりの良さ 4.5操作の簡単さ 5.0機能の豊富さ 3.5作れる量の多さ 3.0

一人暮らし向けの日本製黒にんにく発酵器

エムケー精工が販売する日本製の黒にんにく発酵器。Mサイズの黒にんにくが6玉作れる、一人暮らし向けのアイテムです。

また、本体サイズは横幅25cm×奥行25cm×高さ24cmとコンパクトで、狭いキッチンでも置き場所に困りません。

まとめ

今回は、黒にんにく発酵器(黒にんにくメーカー)の選び方とおすすめ人気ランキング3選を紹介しました。健康と美容に役立つ黒にんにくを食べて、元気な毎日を送りましょう!

また、健康食に興味のある方は、栄養素を豊富に含んだ「オートミール」や、ぬか漬けを作れる「ぬか漬け容器」のおすすめ記事もぜひ参考にしてください。

本記事は販売元公式サイト、Amazon、楽天市場など販売店の売れ筋、口コミ、アンケート、価格情報、検証情報を参考とし、Kaubelが独自に順位付けを行っています。
本記事の内容やランキング順位はメーカーからの商品提供、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。意図的なランキング操作を目的とした交渉は固くお断りしております。
本記事内の商品は各ECサイトが提供するAPIを使用し価格やリンクを自動生成しております。取得後に価格変動があった場合等、本記事と情報とは異なることがありますため、最新の商品価格・詳細情報については、販売店やメーカーをご確認ください。