著者

藤田 結可 記事一覧

Kaubel編集部キッチン・家電ライター

料理と音楽が好きなキッチン・家電ライターです。最近はコーヒーのハンドドリップに熱中しています。最新家電や便利な調理器具の気になるポイントをとことん調べて、厳選したおすすめアイテムをご紹介します!

KaubelはAmazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、バリューコマース アフィリエイトを始めとする各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がKaubelに還元されることがあります。

一人暮らしに適した電気ケトルの容量

一人暮らしには容量500〜800mlがちょうど良い

容量800mlの電気ケトル
参照元: https://www.t-fal.co.jp/sp/products/CE/kettles/choice/

電気ケトルは保温機能が無いため、使い切りを前提に必要な量のお湯を沸かします。一人暮らしの方には、コンパクトで扱いやすい500〜800mlの電気ケトルがおすすめ。

500mlあれば、大きめのカップ麺でも湯量不足になる心配がありません。また、カップ麺を2つ作りたい方や、水道水の煮沸に使いたい場合は、800ml前後の大きめサイズがおすすめです。

一人暮らし向け電気ケトルの選び方

早く沸かすなら1000W以上がおすすめ

湯気が出ているコップ
参照元: https://www.photo-ac.com/

電気ケトルを選ぶ際は、お湯を沸かすスピードもチェックしたいポイント。沸騰までに掛かる時間は、消費電力(W)によって決まります。

できるだけ待たずにお湯を使いたい方は、1000W以上を目安に選ぶのがおすすめです。また、さらにハイパワーな1200W以上の電気ケトルなら、マグカップ1杯分のお湯をわずか1分ほどで用意できますよ。

注ぎ口をチェック

カップ麺にお湯を素早く注ぐなら「三角口」

三角口の電気ケトルでお湯を注ぐ
参照元: https://www.amazon.co.jp/

三角口は、お湯を一気に注ぎたいときに便利な形状です。カップ麺や即席みそ汁など、お湯をたくさん使う用途が多い方には、三角口がおすすめ。

一方、コーヒーのハンドドリップのように、少しずつお湯を注ぎたいシーンには不向きです。

コーヒードリップに最適な「細口」

細口ケトルでコーヒーを淹れる
参照元: https://www.amazon.co.jp

細口は、湯量のコントロールがしやすく、コーヒーや紅茶を美味しく淹れるのに適したタイプです。ガチョウの首のように曲がった形状のため、「グースネック」とも呼ばれます。

ただし、口が細く一気に注げる量が限られているため、大量のお湯が必要なカップ麺を作るときに時間が掛かるのは注意ポイントです。

用途によってお湯の太さを調節できる「やかん口」

やかん口の電気ケトルでお湯を注ぐ
参照元: https://www.amazon.co.jp/

やかん口は、細口と三角口の中間にあたる太さで、傾ける角度によって湯量をコントロール可能です。ただし、電気ケトルでは三角口や細口に比べて商品数が少なく、選択肢が限られています。

安全機能をチェック

倒れた電気ケトル

電気ケトルを安全に使用するための機能を紹介します。特に、犬や猫と暮らしている方は、できるだけ安全性の高い商品を選ぶと安心です。

お湯が沸くと自動で電源が切れる「自動電源オフ機能」はほとんどの機種に搭載されていますが、それ以外の機能は商品によって異なるので、必要な安全機能をチェックしてください。

安全機能 説明
自動電源オフ機能 お湯が沸騰すると自動で電源がオフになります
空焚き防止機能 水が入っていない状態で空焚きするのを防ぎます
湯漏れ防止機能 電気ケトルが倒れても熱湯がこぼれません
本体二重構造 本体の表面が熱くならず、保温効果も備えています

あると便利な機能をチェック

電気ケトルの操作パッド

電気ケトルをより便利に使用するための機能を紹介します。コーヒーや紅茶を美味しく淹れるなら「温度調節機能」、旅行や出張に持ち歩くなら「折りたたみ機能」と、使うシーンをイメージして欲しい機能をチェックしましょう。

便利機能 説明
温度調節機能 コーヒーやミルクなど用途に合わせて温度を調節できます
水量目盛り お湯の残量がひと目で分かります
折りたたみ機能 コンパクトにたたんで旅行や出張に持ち歩けます

おしゃれなデザインは気分があがる

おしゃれな赤い電気ケトル

自分の好きなデザインにこだわって選べるのは、一人暮らしの特権ですよね。おしゃれなレトロ風や、スタイリッシュな見た目、どんなお部屋にも合うシンプルなタイプなど、商品によってデザインはさまざま。電気ケトルは毎日使う家電なので、ぜひ見た目にも注目して選んでみてください。

一人暮らし向け電気ケトルのおすすめメーカー3選

象印マホービン

象印マホービンの電気ケトル
参照元: https://www.amazon.co.jp/

象印マホービンは、炊飯器や空気清浄機といった幅広い家電を扱うメーカーです。電気ケトルは、湯量に合わせて温度を調整する「温度調節機能」や、持ち手が熱くなりにくい「クールタッチ加工」など便利な機能を搭載。シンプルながら可愛らしいフォルムで、どんなインテリアにもマッチします。

ティファール

ティファールの電気ケトル
参照元: https://www.amazon.co.jp/

ティファールは、フランスを拠点とする家電メーカーで、主にフライパンや圧力鍋などの調理家電を展開しています。ティファールの電気ケトルはハイパワーな商品が多く、お湯をあっという間に沸かせるのが魅力です。忙しい時も、パパっと温かい飲み物を用意できますよ。

タイガー魔法瓶

タイガー魔法瓶の電気ケトル
参照元: https://www.amazon.co.jp/

タイガー魔法瓶は、主に保温・保冷容器や電気ポットなどを販売する家電メーカー。電気ケトルは、「転倒湯漏れ防止」や「本体二重構造」、「給湯ロック」など、安全に使える機能が充実しています。火傷のリスクが少なく、ペットと暮らしている方にぜひおすすめしたいメーカーです。

一人暮らし向け電気ケトルのみんなの予算は?

一人暮らし向け電気ケトルのおすすめランキング5選|安さ重視

1アイリスオーヤマアイリスオーヤマ ケトル ベーシックタイプ IKEB-800

2981

★★★★☆4.3
価格の安さ 5.0湯沸かしの早さ 5.0使い勝手の良さ 3.5安全性の高さ 4.0デザイン性の高さ 4.0

容量 800ml 注ぎ口 三角口

容量で800mlで置き場所に困らないスリムタイプ

3000円以下で購入できるリーズナブルな電気ケトル。容量は大きめの800mlで、カップ麺や料理用にたくさんお湯が必要なときにも役立ちます。

また、幅22.2cm×奥行14.7cmのスリムタイプで、置き場所にも困りません。安全機能は「空焚き防止」と「自動電源オフ」のみですが、一人暮らしで使用するなら十分でしょう。

2ドリテックドリテック ステンレスケトル PO-115BK3

3,980

★★★★☆4.3
価格の安さ 5.0湯沸かしの早さ 3.5使い勝手の良さ 4.5安全性の高さ 4.0デザイン性の高さ 4.5

容量 800ml 注ぎ口 やかん口

湯量調整がしやすい「やかん口」を採用

保温性が高く耐久性にも優れたステンレス製の電気ケトル。容量800mlのコンパクトサイズで、部屋への持ち運びも簡単です。

注ぎ口はネック部分が長く口が広い「やかん口」で、傾ける角度によって湯量を調節できます。また、900Wと消費電力が小さく、電気代を安く抑えられるのもメリットです。

3ティファールティファール パフォーマ 電気ケトル KO1531JP

3,313

★★★★☆4.2
価格の安さ 5.0湯沸かしの早さ 5.0使い勝手の良さ 4.0安全性の高さ 4.0デザイン性の高さ 3.0

容量 800ml 注ぎ口 三角口

3000円で購入できる安いケトルの定番品

ティファールのスタンダードな電気ケトルです。価格の安さに加えて、カップ1杯分を約60秒で沸かせる「スピード沸騰」や、残量の確認に便利な目盛り、取り外せるフタなど、使い勝手の良さもピカイチ。

お湯を一気に注げる三角口タイプで、カップ麺を作ったり、味噌汁を入れたりするのに便利です。新生活に向けて商品選びに迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

4ミヨシミヨシ 折りたためるトラベルケトル MBE-TK02

2,318 2,995円

★★★★☆4.0
価格の安さ 5.0湯沸かしの早さ 4.0使い勝手の良さ 5.0安全性の高さ 3.0デザイン性の高さ 3.0

容量 500ml 注ぎ口 三角口

海外旅行や出張に!折りたためるトラベルケトル

コンパクトに折りたためる持ち運び用の電気ケトル。電圧切替式のため海外でも使用できて、旅行や出張の際に活躍します。

また、お湯が冷めると自動で再沸騰する「保温機能」も、ほかには無い特徴です。いつでも温かい飲み物を飲める便利な機能ですが、使用後はコンセントを抜き忘れないように気を付けましょう。

5ヒロ・コーポレーションヒロ・コーポレーション 電気ケトル KTK-300-G

1,697

★★★☆☆3.9
価格の安さ 5.0湯沸かしの早さ 3.5使い勝手の良さ 4.0安全性の高さ 4.0デザイン性の高さ 3.0

容量 1000ml 注ぎ口 三角口

ポータブルバッテリーを使えて車中泊にもおすすめ

1000円台と圧倒的に安価で購入できる電気ケトル。定格電力1000Wのポータブルバッテリーを使えるので、車中泊用の電気ケトルを探している方にもおすすめです。一方、消費電力が800Wと小さく、沸騰までに少し時間が掛かります。

一人暮らし向け電気ケトルのおすすめランキング5選|機能性重視

1象印マホービン象印 電気ケトル CK-DA08-AD

5,780

★★★★☆4.6
湯沸かしの早さ 5.0使い勝手の良さ 5.0安全性の高さ 5.0デザイン性の高さ 4.5価格の安さ 3.5

容量 800ml 注ぎ口 三角口

6つの安全機能を搭載!湯沸かしもスピーディー

「転倒湯もれ防止」、「本体二重構造」、「自動電源オフ」、「空焚き防止」、「給湯ロックボタン」、「蒸気セーブ構造」と、6つの安全機能を搭載した電気ケトル。うっかり倒したり、取っ手以外の部分を触ったりしても火傷の心配がありません。

お湯が沸くスピードも早く、カップ1杯ならわずか1分、満水の800mlでも5分以内で沸かせます。また、ムダのないシンプルなデザインもおしゃれです。

2タイガー魔法瓶タイガー魔法瓶 電気ケトル PCM-A080

45304,530円

★★★★☆4.3
湯沸かしの早さ 5.0使い勝手の良さ 5.0安全性の高さ 5.0デザイン性の高さ 3.5価格の安さ 3.0

容量 800ml 注ぎ口 三角口

徹底した安全設計でペットも安心

容量800mlのコンパクトで軽量な電気ケトル。「空焚き防止」や沸騰後の「自動電源オフ」に加え、転倒時の「湯漏れ防止」、表面が熱くならない「本体二重構造」と、安全機能が充実しています。

また、従来品に比べて蒸気量を約90%カットした「省スチーム設計」により、蒸気による火傷のリスクや結露の発生を低減させられるのも魅力のひとつ。安全に十分配慮した設計なので、ペットと暮らしている方にもおすすめです。

3ティファールティファール 電気ケトル KO630AJP

4,100

★★★★☆4.3
湯沸かしの早さ 5.0使い勝手の良さ 4.5安全性の高さ 4.0デザイン性の高さ 4.0価格の安さ 4.0

容量 800ml 注ぎ口 三角口

カップ1杯分のお湯を約53秒で沸かせるハイパワーモデル

1250Wのハイパワーな電気ケトル。カップ1杯分のお湯をわずか53秒ほどで沸かせて、忙しい朝や仕事中にも重宝します。

また、ホコリの侵入を防ぐカバーや、ワンプッシュで開けられる給水口、水量を確認しやすい2種類の目盛りなど、使い勝手の良い機能も充実。カラーによっては5000円以下で購入できて、コストパフォーマンス抜群な1台です。

4タイガー魔法瓶タイガー魔法瓶 電気ケトル 湯沸かしわく子 PCF-G060-W

4,280

★★★★☆4.3
湯沸かしの早さ 5.0使い勝手の良さ 4.5安全性の高さ 4.5デザイン性の高さ 3.0価格の安さ 4.5

容量 600ml 注ぎ口 三角口

本体二重構造でお湯の温かさを1時間後もキープ

一人暮らしにちょうど良い容量600mlの電気ケトル。うっかりケトルを倒しても熱湯がこぼれない「転倒湯もれ防止」に加えて、蒸気量を従来の約70%カットした「省スチーム設計」を実現しています。

消費電力が1300Wと高く、お湯がすぐに沸くのも便利なポイント。また、保温性に優れていて沸騰から1時間後も約77℃の温かさをキープするので、白湯やお茶を何度か飲みたいときにも重宝します。

5シロカシロカ 温度調節電気ケトル SK-D171

8,770 8,770円

★★★★☆4.2
湯沸かしの早さ 4.0使い勝手の良さ 5.0安全性の高さ 4.5デザイン性の高さ 4.5価格の安さ 3.0

容量 800ml 注ぎ口 細口

温度調節機能付きでコーヒーのハンドドリップにも便利

用途に合わせて温度調節ができる便利な電気ケトル。通常の湯沸かしには「沸騰モード」、コーヒードリップに最適な温度まで加熱したいときは「加熱モード」、沸騰させてから適温まで冷ますなら「煮沸モード」と、3つのモードを使い分けられます。

1℃単位で細かく温度設定ができるため、コーヒーや紅茶を最適な温度で美味しく淹れられますよ。また、10分〜60分で保温時間を設定できて、沸騰後は自動で保温が開始するのも便利なポイント。

一人暮らし向け電気ケトルのおすすめランキング5選|デザイン重視

1アピックスアピックス 電気カフェケトル FSKK-8728

3,980

★★★★☆4.2
デザイン性の高さ 5.0湯沸かしの早さ 4.0使い勝手の良さ 4.0安全性の高さ 4.0価格の安さ 4.0

容量 700ml 注ぎ口 細口

シックなデザインが目を引くコーヒードリップ用ケトル

喫茶店のような重厚感ある雰囲気が魅力の電気ケトル。湯量を細かく注げる細口タイプで、コーヒードリップにうってつけの1台です。

「空焚き防止」や「自動電源オフ」といった基本的な機能を備えていて安全性もクリア。おしゃれなコーヒーブレイクを楽しみたい方へイチオシの商品です。

2BRUNOBRUNO ステンレスデイリーケトル BOE072-RD

7480

★★★★☆4.1
デザイン性の高さ 5.0湯沸かしの早さ 4.0使い勝手の良さ 4.0安全性の高さ 4.0価格の安さ 3.5

容量 1000ml 注ぎ口 やかん口

多用途に使えるおしゃれな電気ケトル

レトロで可愛らしい見た目が特徴の、BRUNOの電気ケトルです。注ぎ方によって湯量をコントロールできるやかん口タイプで、即席味噌汁からコーヒードリップまで、幅広い用途で活躍します。

毎日嬉しい気分で使えるおしゃれなデザインなので、プレゼントにもおすすめですよ。

3ToffyToffy 温度計付き電気ケトル K-KT3

8,580

★★★★☆4.0
デザイン性の高さ 5.0湯沸かしの早さ 4.0使い勝手の良さ 4.0安全性の高さ 4.0価格の安さ 3.0

容量 1000ml 注ぎ口 細口

適温まで冷ましたいときに便利な温度計付き

温度計の付いた可愛いデザインが人気の電気ケトルです。温度がひと目でわかるため、お茶やミルクに最適な70℃〜80℃までお湯を冷まして使いたいときにも活躍します。

また、湯量調節がしやすい細口タイプで、繊細なコーヒードリップにも便利です。ただし、フタが固くて外しにくい場合があるのはマイナスポイント。

4無印良品無印良品 電気ケトル MJ-EK5A

10,800 14,039円

★★★☆☆3.8
デザイン性の高さ 4.5湯沸かしの早さ 4.5使い勝手の良さ 3.5安全性の高さ 4.0価格の安さ 2.5

容量 500ml 注ぎ口 水差しタイプ

生活感を感じさせないシンプルなデザイン

無印良品が販売するシンプルな電気ケトルです。洗練されたデザインで、とにかく生活感を出したくない、という方におすすめ。

容量は500mlと少なめで、コーヒーや紅茶を淹れる用途に向いています。一方、価格に対して機能が少なく、コストパフォーマンスは低めです。

5アイリスオーヤマアイリスオーヤマ デザインケトル IKE-D1000

5,030

★★★☆☆3.6
デザイン性の高さ 4.0湯沸かしの早さ 4.0使い勝手の良さ 3.0安全性の高さ 4.0価格の安さ 3.0

容量 1000ml 注ぎ口 三角口

取り外せるフィルター付きで清潔に使える

お湯をたっぷり沸かせる1Lサイズの電気ケトル。注ぎ口のフィルターは簡単に取り外せるのでお手入れがしやすく、いつも清潔に保てます。

インテリアになじむスタイリッシュなデザインで、新生活にもぴったり。一方、使用時は取っ手以外の本体表面が高温になるため、火傷に十分注意して扱う必要があります。

電気ケトルの掃除方法

クエン酸を溶かしたお湯で水アカを除去

電気ケトルを繰り返し使用すると、水に含まれるミネラル分により水アカが発生します。アルカリ性の水アカを除去するには、酸性のクエン酸が効果的。電気ケトルの簡単なお手入れ方法を紹介するので、汚れが気になったらぜひ試してみてください。

1 クエン酸30gをお湯に溶かしてケトルに注ぐ
2 満水容量まで水を加える
3 電気ケトルのスイッチを入れて沸騰させる
4 沸騰後、2時間ほど放置してからお湯を捨てる
5 水だけで再びお湯を沸かして内部をすすぐ
6 お湯を捨てて布で優しく拭き上げる

まとめ

今回は、一人暮らし向け電気ケトルの選び方とおすすめ人気ランキング15選を紹介しました。容量や注ぎ口、機能といったスペックはもちろん、デザインにも注目して選ぶと、毎日嬉しい気分で使えますよ。記事を参考にして、お気に入りの電気ケトルを見つけてください!

また、転倒湯漏れ防止付きの電気ケトルや、旅行に便利な折りたたみタイプ、ガスコンロで使用するホーローケトルのおすすめ商品も紹介しています。さまざまな商品を見て検討したい方は、ぜひチェックしてみてください。

本記事は販売元公式サイト、Amazon、楽天市場など販売店の売れ筋、口コミ、アンケート、価格情報、検証情報を参考とし、Kaubelが独自に順位付けを行っています。
本記事の内容やランキング順位はメーカーからの商品提供、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。意図的なランキング操作を目的とした交渉は固くお断りしております。
本記事内の商品は各ECサイトが提供するAPIを使用し価格やリンクを自動生成しております。取得後に価格変動があった場合等、本記事と情報とは異なることがありますため、最新の商品価格・詳細情報については、販売店やメーカーをご確認ください。