著者

遠藤 慧子 記事一覧

Kaubel編集部釣り・ゲームガジェットライター

アウトドアはスキーを嗜んでいます。趣味は読書や舞台鑑賞、お茶やゲームなど。キャンプと釣りは新商品や動画をよく漁っています。最近はスキューバダイビングとライン下りに興味あり。「分かりやすい文章」をモットーに丁寧な記事作成を心掛けています。

KaubelはAmazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、バリューコマース アフィリエイトを始めとする各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がKaubelに還元されることがあります。

おすすめ比較表

商品名 リンク 最安価格 ポイント CPU メモリ 画面サイズ バッテリー容量 性能の高さ 画面の大きさ 値段の安さ バッテリー容量
1Xiaomi 11T Pro 128GB XiaomiXiaomi 11T Pro 128GB 70,800 コスパが高く大画面なAndroidスマホ Snapdragon 888 8GB 6.67インチ 5,000mAh 4.5/5.0 5.0/5.0 4.5/5.0 5.0/5.0
2Google Pixel 7a 128GB GoogleGoogle Pixel 7a 128GB 57,598円 57,598 6万円台購入できる90Hz対応機種 Tensor G2 8GB 6.3インチ 4,385mAh 4.5/5.0 4.5/5.0 4.5/5.0 4.5/5.0
3Apple iPhone 15 Pro 256GB AppleApple iPhone 15 Pro 256GB 174,800 頑丈で軽いチタンニウム製!超高性能iPhone A17pro 8GB 6.1インチ 3,650mAh 5.0/5.0 4.5/5.0 3.0/5.0 4.0/5.0
4Apple iPhone SE(第3世代)128GB AppleApple iPhone SE(第3世代)128GB 69,800 iPhone 13と変わらないスペックの高コスパ機種 A15 Bionic 4GB 4.7インチ 2,018mAh 4.5/5.0 4.0/5.0 5.0/5.0 3.0/5.0
5Samsung Galaxy S20 サムスンSamsung Galaxy S20 79,448円 62,800 12GBのメモリーを搭載 Snapdragon 865 12GB 6.2インチ 4,000mAh 4.0/5.0 4.5/5.0 3.5/5.0 4.5/5.0
6Apple iPhone 12 (256 GB) - ホワイト AppleApple iPhone 12 (256 GB) - ホワイト 89,800円 89,800 「高」や「最高」の画像設定で遊べる A14 Bionic 4GB 6.1インチ 2,815mAh 4.0/5.0 4.5/5.0 4.0/5.0 3.5/5.0

原神でスマホを使用するメリット

良い点
どこでも気軽に原神で遊べる

どこでも気軽に原神で遊べる

スマホで原神をプレイする最大のメリットが通勤や出勤といった出先で気軽に原神を遊べる点です。スマホはPS5やゲーミングPCより小型なため、場所を気にせず持ち運べます。ログインやデイリーを忘れた際、就寝前にサッと済ませられるのもポイント。

原神でスマホを使用するデメリット

悪い点
画面が小さく見づらい
慣れるまで操作しづらい

画面が小さく見づらい

スマホはテレビやモニターと比べると画面サイズが小さく見づらいです。オープンワールドアクションゲームである原神だと敵を見逃しやすく、攻撃を避けられない場合があります。また、スマホのスペックによっては画質を下げる必要があり、原神の綺麗な映像を楽しめません。

慣れるまで操作しづらい

普段からコントローラーを使用してPS5やゲーミングPCでゲームをプレイしている場合、スマホで原神を遊ぶと操作しづらいです。慣れるまで移動や攻撃、視点やキャラ切り替え時に誤タップが起こり、間違って元素爆発を撃ってしまうことも。スマホであまりアクションゲームをしない方は、ログイン報酬だけもらったりコントローラーを繋げたりして対策しましょう。

原神におすすめなスマホの値段相場

スマホを持つ人
参照元: https://www.photo-ac.com

予算7万円以上ならiPhone!大抵のゲームが遊べる

予算7万円以上出せる方には、iPhoneがおすすめです。iPhone SE(第3世代)やiPad12以降の新しめなモデルが手に入ります。加えて、ストレージ容量が大きい256GBが選べるのも魅力です。予算として10万円以上使える場合は、シリーズ最高峰の性能を有するiPhone Proが候補にあがります。

Androidスマホなら予算5〜6万円

そこそこのスペックでかまわない、安いスマホが欲しいという方には、5〜6万円のAndroidスマホがおすすめ。予算を5〜6万円出せると、Google Pixel 7aやSamsungのGalaxy S20といったそこそこ高スペックなモデルが入手可能です。原神のような重いゲームでも画質や設定を軽量に変えるとサクサク動きます。

みんなの予算はいくら?

原神におすすめなスマホの選び方

OSの異なるスマートフォン
参照元: https://o-dan.net/ja/

原神の推奨スペックをチェック

タイトル iPad Android
原神のアイコン iOS 11.0以降 Android 11.0以上

iPhoneの推奨機種はiPhone8 Plus以降

iPhoneで原神を遊びたい方は、公式が推奨しているiPhone8 Plus以降の機種から選びましょう。CPUにA11チップが採用されているので、2023年現在でもギリギリ遊べます。ただし、画面設定を「中」や「低」に落としてもアプリを切り替えたりブラウザを起動させると原神が落ちる可能性が高いです。

快適な環境で原神をサクサクと動かしたい方は、iPhone13以降のなるべく新しいモデルがおすすめ。必要スペックとしてはCPUはA13以上、メモリは3GB以上です。高画質でヌルヌルと動く原神を楽しみたい場合は、CPUがA14以上のiPhoneから選びましょう。

AndroidはARMv8-A以上のチップ搭載機種

Androidスマホで原神を遊びたい方は、公式が推奨しているArm v8aアーキテクチャ(ARMv8-A)以上のCPUを搭載しているかつ、メモリが3GB以上の機種がおすすめです。ARMv8-A採用スマホとしてGalaxy S9+やGalaxy Tab A8などが挙げられますが、2018年や2019年に発売されたモデルで原神を動かすとカクつきます。

快適な環境で原神を楽しみたい方は、Snapdragon855以上のCPUが採用されている機種を選びましょう。メモリは6GB以上あると安心です。Snapdragon855搭載スマホは2019年から2020年に販売された製品がほとんどで、Xperia 5やAQUOS Zero 2といった機種があります。

Androidスマホは機種が豊富で選択肢が多く、iPhoneよりリーズナブルでコスパが良い点はメリット。ただし、スペックの見分け方がiPhoneに比べて複雑なので、スマホの知識がない人にとって商品選びのハードルが高いです。

ストレージ容量は128GB以上がおすすめ

原神のアプリ容量は約32GBありアップデートで20GB〜30GBはかかるため、ストレージ容量が128GB以上あると安心です。64GBでも対応できますが、原神以外のゲームを遊んだり写真を保存したりすると容量が足りません。スマホを普段使いしたい方には、なるべくストレージ容量が大きい機種を選びましょう。

画面サイズ6インチ以上だとフィールドが見渡しやすい

iPhoneもAndroidスマホも画面が6インチ以上あるとフィールドを見渡せる範囲が広く、敵の攻撃モーションや宝箱を見逃す確率がグッと減ります。5インチ前後のスマホはコンパクトで運びやすいですが、ゲームを遊ぶうえでは迫力が足りず物足りないです。6インチ以上であれば原神のようなアクションゲームはもちろん、プロセカを始めとしたリズムゲームも快適に楽しめます。

原神向けスマホのおすすめメーカー3選

Xiaomi

コスパ重視の人におすすめ

Xiaomi(シャオミ)は、リーズナブルなスマホやタブレットで有名な中国の企業。2022年からゲーミングスマホ「POCOシリーズ」を展開しており、「POCO F4 GT」はRAM12GB+ROM256GBモデルでありながら8万円台と非常にコスパが良いです。メーカーにこだわりがないコスパ重視の方におすすめなメーカー。

Apple

シンプルな作りで直感的に操作できる

スマートフォン「iPhone」やタブレット「iPad」など世界中で人気がある製品を数多く取り扱っているApple。独自のOSを使っているので、スマホ初心者であってもiPhoneやiPadを直感的に操作できます。また、機種の規格が統一されているためスマホケースやタブレットケースの種類が豊富で、見た目にこだわれるのもポイント。

Samsung

高性能なゲーミングスマホを展開

スマートフォン「Galaxy」で有名な韓国メーカーのSamsung(サムスン)。 ゲーム関連製品も展開しており、ゲーミングモニターやゲーミングスマホを販売しています。ゲーミングスマホは10万円を超えと高額ですが、高リフレッシュレート120Hzに対応しているほど高性能。PC並みのスペックを持つスマホを探している方におすすめです。

原神におすすめなスマホ6選

1XiaomiXiaomi 11T Pro 128GB

70,800

★★★★☆4.8
性能の高さ 4.5画面の大きさ 5.0値段の安さ 4.5バッテリー容量 5.0

CPU Snapdragon 888 メモリ 8GB
画面サイズ 6.67インチ バッテリー容量 5,000mAh

コスパが高く大画面なAndroidスマホ

2021年11月に発売された「Xiaomi 11T Pro」は120Hzに対応しており、原神やプロセカの滑らかな動きが楽しめます。画面サイズは6.67インチと今回紹介するスマホの中では最大の大きさで、迫力ある映像美を魅力です。原神キャラの格好良さや可愛さ、元素爆発やスキル使用時の美しさを大画面で眺められます。また、約6万円とコスパが高く、バッテリーが5,000mAhと大容量で120Wの超急速充電が使えるのもポイント。

2GoogleGoogle Pixel 7a 128GB

57,598 57,598円

★★★★☆4.5
性能の高さ 4.5画面の大きさ 4.5値段の安さ 4.5バッテリー容量 4.5

CPU Tensor G2 メモリ 8GB
画面サイズ 6.3インチ バッテリー容量 4,385mAh

6万円台購入できる90Hz対応機種

11T Proと同様に6万円台で手に入るコスパが良い原神向けスマホです。リフレッシュレートこそ120Hzに対応していませんが、90Hzで原神がヌルヌル動きます。2023年に発売された新しい機種なので、OSのサポートが最低でもあと3年は続く点もメリットです。普段使いができるリーズナブルなスマホを探している方にもおすすめ。

3AppleApple iPhone 15 Pro 256GB

174,800

★★★★☆4.1
性能の高さ 5.0画面の大きさ 4.5値段の安さ 3.0バッテリー容量 4.0

CPU A17pro メモリ 8GB
画面サイズ 6.1インチ バッテリー容量 3,650mAh

頑丈で軽いチタンニウム製!超高性能iPhone

2023年に販売されたA17proチップ搭載のiPhoneです。値段は15万円以上とスマホの中では非常に高額ですが、値段に見合う性能の高さを持ちます。原神を120fpsで動かしてもカクつきがなく、ダウンロードが速くストレスを感じずに遊べます。さらに、カメラが高性能で色鮮やかに一瞬を切り取れる点も魅力です。チタンニウム製のおかげで軽量かつ頑丈なので長く愛用できる優秀な一台。

4AppleApple iPhone SE(第3世代)128GB

69,800

★★★★☆4.1
性能の高さ 4.5画面の大きさ 4.0値段の安さ 5.0バッテリー容量 3.0

CPU A15 Bionic メモリ 4GB
画面サイズ 4.7インチ バッテリー容量 2,018mAh

iPhone 13と変わらないスペックの高コスパ機種

ポケットにしまえるコンパクトさと5万円台で購入できる値段の安さが売りのiPhone SEシリーズ最新作です。価格が安い分性能も低いと思われがちですが、iPhone 13と変わらないスペックで原神を快適に遊べます。ただし、画面が4.7インチと小さいため敵の動きが把握しづらいです。バッテリー容量が2,018mAhとほかのスマホに比べて小さいのもデメリット。

5サムスンSamsung Galaxy S20

62,800 79,448円

★★★★☆4.1
性能の高さ 4.0画面の大きさ 4.5値段の安さ 3.5バッテリー容量 4.5

CPU Snapdragon 865 メモリ 12GB
画面サイズ 6.2インチ バッテリー容量 4,000mAh

12GBのメモリーを搭載

2020年に売り出された「Galaxy S20」は、120Hzに対応している高スペックなAndroidスマホです。メモリが12GBと紹介したスマホの中で数値が1番大きいのがポイント。発売から3年経った2023年今でも安定した動作で原神が楽しめます。加えて、バッテリーが4,000mAhと大容量なので、外出先でゲームを遊んでも電池切れまで余裕があるのがメリット。

6AppleApple iPhone 12 (256 GB) - ホワイト

89,800 89,800円

★★★★☆4.0
性能の高さ 4.0画面の大きさ 4.5値段の安さ 4.0バッテリー容量 3.5

CPU A14 Bionic メモリ 4GB
画面サイズ 6.1インチ バッテリー容量 2,815mAh

「高」や「最高」の画像設定で遊べる

「iPhone 12」は2020年に発売されたスマホですが、原神の画質を「高」や「最高」に設定してもサクサクとプレイできます。画面サイズが6.1インチとゲームに適したほどよい大きさな点も魅力です。また、AppleはOSのサポートが5年と長いためまだまだ普段使いできます。

まとめ

今回は、原神におすすめなスマホをおすすめランキング形式で紹介しました。数年と長く使える高性能なスマホであればiPhone、コスパの良さ重視であればAndroidスマホを選びましょう。最近は120Hzに対応している機種もあるので、記事を参考に財布と相談して希望に合う一品を見つけてください。

また、iPad版原神のコントローラーや安い原神用タブレット、PC版原神のコントローラーもまとめています。原神用に端末やコントローラーを探している方は参考にしてください。

本記事は販売元公式サイト、Amazon、楽天市場など販売店の売れ筋、口コミ、アンケート、価格情報、検証情報を参考とし、Kaubelが独自に順位付けを行っています。
本記事の内容やランキング順位はメーカーからの商品提供、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。意図的なランキング操作を目的とした交渉は固くお断りしております。
本記事内の商品は各ECサイトが提供するAPIを使用し価格やリンクを自動生成しております。取得後に価格変動があった場合等、本記事と情報とは異なることがありますため、最新の商品価格・詳細情報については、販売店やメーカーをご確認ください。