著者

藤田 結可 記事一覧

Kaubel編集部キッチン・家電ライター

料理と音楽が好きなキッチン・家電ライターです。最近はコーヒーのハンドドリップに熱中しています。最新家電や便利な調理器具の気になるポイントをとことん調べて、厳選したおすすめアイテムをご紹介します!

キャリーケースの人気ブランド一覧

エース(ACE)

エースのキャリーケース
参照元: https://www.amazon.co.jp

80年以上の歴史を持つ日本の大手メーカー

エースは、1940年に創業した日本の大手スーツケースメーカー。日本製にこだわった高品質な商品が特徴の「プロテカ」や、女性が使いやすいアイデアを詰め込んだ「ハント」など、幅広いニーズに応えるブランドを展開しています。

商品の特徴はブランドによってさまざまですが、使い勝手の良さで選ぶなら間違いないでしょう。

レジェンドウォーカー(LEGEND WALKER)

レジェンドウォーカーのキャリーケース
参照元: https://www.amazon.co.jp

豊富な商品展開であらゆる旅のニーズに応える

レジェンドウォーカーは、キャリーケースやボストンバッグを中心に扱うトラベルアイテムブランド。国内旅行や海外旅行、ビジネス、アウトドア向けなど、あらゆる旅のニーズに対応するキャリーケースを展開しています。

1万円以下で購入できるラインナップも豊富で、初めてキャリーケースを購入する方にもおすすめです。

無印良品

無印良品のキャリーケース
参照元: https://www.amazon.co.jp/

暮らしになじむデザインが人気の国内ブランド

無印良品は、暮らしに関するアイテムを展開するブランドです。生活になじむデザインが特徴で、女性を中心に人気を集めています。

キャリーケースは、無印らしいシンプルなデザインに加えて、バーの高さを自由に調節できる使い勝手の良さが魅力。無印ブランドが好きな方はぜひチェックしてください。

リモワ(RIMOWA)

リモワのキャリーケース
参照元: https://www.amazon.co.jp/

品質にこだわった高級スーツケースを展開

リモワは、120年の歴史を持つドイツ・ケルン発祥のスーツケースブランド。創業時から現在まで進化を続け、軽量かつ頑丈で機能性に優れた高品質なスーツケースを展開しています。

価格帯は10〜20万円で、ほかのメーカーとは一線を画したハイエンドモデルを販売。一生もののスーツケースを求めている方におすすめです。

サムソナイト(Samsonite)

サムソナイトのスーツケース
参照元: https://www.amazon.co.jp/

機能性と洗練されたデザインを兼備

サムソナイトは、東京に本社を構える大手スーツケースメーカー。アメリカで人気のアメリカンツーリスターを統合しています。

サムソナイトのキャリーケースは5〜8万円台が主流と、高級路線なのが特徴。旅を快適にする機能性や、洗練されたデザインにこだわって選びたい方へおすすめです。

イノベーター(innovator)

イノベーターのキャリーケース
参照元: https://www.amazon.co.jp

華やかなカラーが人気のスウェーデン発祥ブランド

イノベーターは、スウェーデン発の北欧ライフスタイルブランド。スーツケースや家具、トラベルグッズを中心に販売しています。

イノベーターのキャリーケースは、軽量で耐久性の高いポリカーボネート素材を使用しているのが特徴。また、サニーイエローやペールオレンジといった、おしゃれなカラーのアイテムも多数展開しています。

グリフィンランド(Griffinland)

グリフィンランドのキャリーケース
参照元: https://www.amazon.co.jp

多彩な商品を取り揃え1万円以下のアイテムも販売

グリフィンランドは、2007年に日本で誕生したスーツケースブランド。多様な商品展開が特徴で、リュックにもキャリーケースにもなる2wayタイプのアイテムや、コンパクトに折りたためる商品も販売しています。

また、コストパフォーマンスの高さも大きな魅力。1万円以下で購入できるキャリーケースも取り揃えているので、予算を抑えたい方にもおすすめです。

人気ブランドのおすすめ商品7選

エース

便利な収納付きで出張にもおすすめ

特徴
13インチのノートパソコンを収納できるフロントポケット搭載
収納スペースが別れていて汚したくないスーツや書類も安心
電車の揺れで動かないキャスターストッパー付き

タイプ ハード サイズ 55×35×25cm
3辺の合計 115cm 重量 3.3kg

レジェンドウォーカー

お土産をたくさん買える容量拡張機能付き

特徴
内側のファスナーを開いて約39Lまで拡張可能
軽さと頑丈さを兼ね備えていて長く使える
1万円以下と安価でコストパフォーマンスも抜群

タイプ ハード サイズ 55×36×24cm
3辺の合計 115cm 重量 3.1kg

無印良品

バーの高さを自由に調節できて誰でも使いやすい

特徴
身長に合わせてバーの高さを調節できる
さり気なくおしゃれなダークグレーを展開
3kg以下と軽量で引きやすく、修学旅行にもおすすめ

タイプ ハード サイズ 54×37×24cm
3辺の合計 115cm 重量 2.9kg

リモワ

頑丈かつ軽量で高級感のあるボディが特徴

特徴
丈夫で軽いポリカーボネート素材を使用
海外旅行に欠かせない「TSAロック」を搭載
価格は10万円台とハイグレード

タイプ ハード サイズ 55×40×20cm
3辺の合計 115cm 重量 3.7kg

サムソナイト

機内持ち込み可能な多機能モデル

特徴
コンパクトで機内持ち込みにも対応
ダブルホイールの4輪タイプでスイスイ走行できる
荷物が増えたときは収納スペースを拡張可能

タイプ ハード サイズ 55×35×25cm
3辺の合計 115cm 重量 2.9kg

イノベーター

明るいカラーリングと高い収納力が魅力

特徴
個性的かつ目立ちすぎないカラーが特徴
トップ、サイド、ボトムそれぞれにハンドルを搭載
荷物を分別できる3つの収納も便利

タイプ ハード サイズ 47×32×22cm
3辺の合計 101cm 重量 3kg

グリフィンランド

リュックとしても使える低価格アイテム

特徴
リュックにもなる2wayタイプで道に合わせて使い分けられる
ペットボトルやスマホを収納できる6つの外ポケットを搭載
価格は8000円以下で予算を抑えたい方にもおすすめ

タイプ ソフト サイズ 53×37×25cm
3辺の合計 115cm 重量 2.3kg

キャリーケースの機内持ち込み制限をチェック

飛行機
参照元: https://www.photo-ac.com/

フルサービスキャリア(JAL、ANA)のルール

国内のフルサービスキャリアである、JALとANAの機内持ち込みルールです。席数や、国内線か国際線かによってサイズの制限が異なるので気をつけましょう。

100席未満の国内線 100席以上の国内線
国際線
高さ 45cm以内 55cm以内
35cm以内 40cm以内
奥行 20cm以内 25cm以内
3辺の合計 100cm以内 115cm以内
総重量 10kg以内 10kg以内

LCC(ジェットスター、ピーチ)のルール

代表的なLCCであるジェットスター、ピーチの機内持ち込みルールです。LCCは航空会社によって規定が異なるため、利用するキャリアのルールを確認しましょう。

ジェットスター ピーチ
高さ 56cm以内
36cm以内
奥行 23cm以内
3辺の合計 115cm以内
総重量 7kg以内 7kg以内

まとめ

今回は、キャリーケースのおすすめ人気ブランドを紹介しました。ブランドによって、デザインやこだわりの機能、価格帯が異なるので、用途や予算に合わせて選ぶのがポイント。記事を参考にして、気になるブランドを見つけてください!

また、種類や用途ごとのおすすめアイテムも紹介しています。キャリーケースの選び方を詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。