著者

遠藤 慧子 記事一覧

Kaubel編集部釣り・ゲームガジェットライター

アウトドアはスキーを嗜んでいます。趣味は読書や舞台鑑賞、お茶やゲームなど。キャンプと釣りは新商品や動画をよく漁っています。最近はスキューバダイビングとライン下りに興味あり。「分かりやすい文章」をモットーに丁寧な記事作成を心掛けています。

KaubelはAmazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、バリューコマース アフィリエイトを始めとする各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がKaubelに還元されることがあります。

おすすめ商品比較表

アーマードコア6でコントローラーを使用するメリット

プロコンとPS5コントローラー
参照元: https://www.photo-ac.com/

マウスより細かな操作ができる

アーマードコア6はロボットを動かすため、ロックオンやブースト、4種類の武器操作や回避などとにかく押すボタンが多いゲーム。一度にいくつもの操作をしなければならず、マウスだと動かしづらいです。コントローラーはボタンがあり位置がはっきりしているので、ロボットを瞬時に細かく動かせます。

アーマードコア6用コントローラーの選び方

黒に赤ラインのコントローラー
参照元: https://www.photo-ac.com

背面ボタン付きのコントローラーを選ぶ

アーマードコア6はゲームの特徴上、とにかく必要なボタン数が多いです。ボタンの数が多いほど操作の役割を割り振れるので、ロボットを滑らかに操れます。咄嗟に回避や攻撃ができるのも魅力です。

有線タイプか無線タイプかで選ぶ

コントローラーは有線タイプと無線タイプの2種類が存在し、両方にメリットがあります。有線タイプはコントローラーとゲーム機をケーブルで繋げるので、接続が安定しています。まさに、反応の正確さと速さが求められるアーマードコア6におすすめ。

一方無線タイプは、ケーブル接続が必要ないコントローラー。ケーブルがない分わずらわしさがなく、有線に比べて持ち運びしやすいです。

予算で選ぶ

コントローラーの値段はピンキリで、安いものは2〜3千円から高いものは数万円以上します。安いコントローラーでも操作に問題ありませんが、高額なコントローラーほど性能に優れており反応が速いです。ゲームを広く浅く遊ぶ人は1万円以下のコントローラーを、ゲームをとことんやり込むゲーマーは値段が高いハイスペックなコントローラーを用意しましょう。

アーマードコア6用コントローラーの値段相場

有線接続のXboxコントローラー
参照元: https://pixabay.com/

高い性能を求めない人は1万円以下のコントローラーでOK

コントローラーにそこまでのスペックは求めないという人には、PS5やSwitchプロコンといった1万円以下で手に入るコントローラーがおすすめです。1万円以下でもゲームで遊ぶには十分の性能で、アーマードコア6を目一杯楽しめます。

ハイスペックなコントローラーは1万円以上

ボタンの役割を自由に割り振りたい、背面ボタンが欲しい、ボタンの反応速度に速さを求めているという場合は、1万円以上する高性能なコントローラーがおすすめです。ものによっては4万円以上しますが、値段に見合うスペックを持ちます。

アーマードコア6のおすすめメーカー3選

Microsoft

Microsoft(マイクロソフト)と言えば、Xboxで有名な世界的メーカー。Xbox自体は日本であまり馴染みがありませんが、XboxのコントローラーはSteamをはじめとしたPCゲームで定番と言っていいほどの製品です。ボタン表記やボタン配置がPCゲームとほぼ代わりないため、細かな設定をせずにゲームを始められます。

ソニー

PS5やPS4などのゲーム機のほか、スマホやタブレットでも有名なソニー(SONY)。PS5やPS4を持っている人は、付属コントローラーでそのままアーマードコア6をプレイできます。カスタマイズ性を求める場合は、よりゲーマー向けに特化した背面ボタン付きコントローラー「DualSense Edge」を選べるのもポイント。

SCUF

SCUF(スカフ)は、操作性と持ちやすさの両方に優れたゲーマー向けコントローラーをいくつも販売しているアメリカのメーカー。操作精度を求められるFPSやTPS向けで、大会で使用するプロゲーマーも多いです。値段は3〜4万円とコントローラーのなかでは非常に高いですが、圧倒的なハイスペックさとカスタマイズ性で人気があります。

アーマードコア6のおすすめ5選

PCゲームでは王道なコントローラー

良い点
稼働時間が最大40時間と長い
指への負担が少ない一体型十字キーを採用
十字キーやスティックを付け替えられる
ボタンの割り当てが可能

悪い点
約2万円と値段が高い

シンプルな使いやすさが魅力

良い点
1万円以下で購入できる
独立している十字キーのおかげで操作ミスが少ない

悪い点
背面ボタンがない
カスタマイズ性がない

ゲーマー向けにカスタマイズ性がアップ

良い点
背面ボタがある
スティックやトリガーの調整などカスタマイズ性が高い

悪い点
2万円超えと高価格

プロゲーマー仕様のハイスペックさと豊富なカスタマイズ性を持つ

良い点
プロゲーマーが使用するほどのハイスペックさ
背面にボタンが4つある
スティックやボタンをカスタマイズ可能

悪い点
価格4万円ほどと非常に高い

人間工学に基づいた形!安定して握れる

良い点
人間工学に基づいた形で握りやすい
ボタンの割り当てと感度調整ができる
2万円台でカスタマイズ性が高め

悪い点
有線でしか繋げない

まとめ

今回は、おすすめなアーマードコア6用コントローラーを紹介しました。コントローラーといえどDualSense ワイヤレスコントローラーのようにオーソドックスな製品から、好みやゲームに合わせてカスタマイズできるコントローラーまでさまざまです。自分のゲームスタイルや予算と照らし合わせて、アーマードコア6に最適なコントローラーを選びましょう。

本記事は販売元公式サイト、Amazon、楽天市場など販売店の売れ筋、口コミ、アンケート、価格情報、検証情報を参考とし、Kaubelが独自に順位付けを行っています。
本記事の内容やランキング順位はメーカーからの商品提供、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。意図的なランキング操作を目的とした交渉は固くお断りしております。
本記事内の商品は各ECサイトが提供するAPIを使用し価格やリンクを自動生成しております。取得後に価格変動があった場合等、本記事と情報とは異なることがありますため、最新の商品価格・詳細情報については、販売店やメーカーをご確認ください。