著者

藤田 結可 記事一覧

Kaubel編集部キッチン・家電ライター

料理と音楽が好きなキッチン・家電ライターです。最近はコーヒーとフランス料理に熱中しています。最新家電や便利な調理器具の気になるポイントをとことん調べて、厳選したおすすめアイテムをご紹介します!

KaubelはAmazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、バリューコマース アフィリエイトを始めとする各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がKaubelに還元されることがあります。

一人暮らしに炊飯器は必要?

炊飯器を持つメリット

スイッチひとつで簡単にご飯が炊ける

炊飯器のスイッチを押す
参照元: https://www.amazon.co.jp/

鍋でご飯を炊く場合は、火加減や炊飯時間の調節が難しく、手間も掛かりますよね。炊飯器があれば、お米と水をセットしてスイッチを押すだけで、簡単に美味しいご飯を炊けるのがメリット。

学校や仕事で忙しい一人暮らしの方には、手軽に使える炊飯器がおすすめです。

パックご飯を買うより食費が安い

小銭
参照元: https://pixabay.com/ja/

炊飯器でご飯を炊けば、パックご飯を買うより食費を抑えられるのもメリットのひとつ。パックごはん1食分が約110円するのに対して、炊飯器で炊く場合は水道・電気代を含めて1食あたり約50円と、およそ2倍の差があります。炊飯器の購入費用を考えても、毎日使えばすぐに元が取れますよ。

料理やお菓子作りにも使える

炊飯器で焼いたケーキ
参照元: https://www.photo-ac.com

炊飯器はご飯を炊くだけでなく、角煮や煮物、スープといった料理から、ケーキやブラウニーなどのスイーツ作りにも活躍します。材料をセットしてスイッチを入れるだけで一品完成するので、手軽におかずを作りたいときにも便利ですよ。

一人暮らし向け炊飯器の選び方

容量で選ぶ

ご飯を食べる量や頻度が少ない方は1〜2合炊き

1.5合炊き炊飯器
参照元: https://www.amazon.co.jp

ご飯を食べる量が少ない方や、1日1食は外食をするという方には、1〜2合炊きの炊飯器がおすすめ。リーズナブルな価格帯の商品が多いうえ、コンパクトで置き場所を取らないため、一人暮らしの生活にぴったりです。

さらに、毎回炊き立てのご飯を食べられるのも大きなメリット。冷凍ご飯が苦手な方は、食べきりやすい1〜2合炊きの商品をチェックしてみてください。

お家でご飯を食べる機会が多いなら3合炊き

3合炊き炊飯器
参照元: https://www.amazon.co.jp

1日3食をお家で食べるなら、3合炊きの炊飯器がおすすめ。最大でお茶碗6杯分ほどのご飯が炊けるので、丼ぶりやカレーをたくさん食べたいときにも重宝します。また、余ったご飯を冷凍保存しておけば食事の準備が楽になりますよ。

さらに、炊飯器の性能は3合炊き以上からグンと良くなる傾向があります。ご飯の味にこだわって選びたい方も、3合炊きの炊飯器をチェックしてみてください。

炊飯方式で選ぶ

炊飯器の炊飯方式は、「マイコン式」「IH式」「圧力IH式」の3種類。炊き方によってご飯の仕上がりや商品の価格帯が変わるので、それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

炊飯方式 美味しさ 機能性 価格
マイコン式
IH式
圧力IH式

リーズナブルな価格で購入できる「マイコン式」

マイコン式の炊飯器
参照元: www.amazon.co.jp

マイコン式は、内釜の底部分に取り付けられたヒーターによって加熱する方法です。マイコン式はリーズナブルな価格帯が魅力で、1万円以下で買える商品も豊富に揃っています。

また、シンプルな構造でお手入れしやすいのも嬉しいポイント。しかし、ほかの炊飯方式に比べて火力が弱く、炊きムラが出やすいのは難点です。

ご飯の炊きムラが少ない「IH式」

IH式の炊飯器
参照元: www.amazon.co.jp

IH式は、電磁誘導加熱を使って炊飯する方法です。釜全体を均一に加熱するため炊きムラが少なく、お米がふっくらと仕上がります。

また、高火力によりご飯が短時間で炊き上がるのも嬉しいポイント。マイコン式よりは高価ですが、2万円前後で購入できるため、「今までよりちょっと良い炊飯器が欲しい」という方におすすめです。

お米の美味しさを最大限に引き出す「圧力IH式」

圧力IH式の炊飯器
参照元: www.amazon.co.jp

圧力IH式は、IH式と同様の電磁誘導加熱に加え、釜に圧力を掛けて高火力で炊き上げる方法。お米が持つ甘みや旨みを引き出し、モッチリした食感に仕上がるのが特徴です。

圧力IH炊飯器はハイスペックなモデルが多く、パンやヨーグルトを作れる機種も販売されています。しかし、マイコン式やIH式に比べて価格が高く、手が届きにくいのはデメリット。

便利な機能で選ぶ

白米以外も美味しく炊ける「炊き分け機能」

玄米ごはん
参照元: www.amazon.co.jp

「炊き分け機能」とは、白米以外に無洗米や玄米、雑穀米など、お米の種類に合わせて炊き方を設定できる機能です。玄米や雑穀米は白米に比べて美味しく炊くのが難しいですが、「炊き分け機能」があれば簡単に美味しく炊飯できますよ。

あきたこまちやコシヒカリ、ゆめぴりかといった米の銘柄別に炊き分けられる「銘柄炊き機能」が搭載された炊飯器もあるので、ご飯の味にとことんこだわりたい方はチェックしてみてください。

電気代が節約できる「エコ炊き機能」

エコ炊き機能の付いた炊飯器
参照元: o-dan.net

「エコ炊き機能」は、通常よりも火力を抑えて省エネで炊飯する機能です。続けて使えば電気代の節約にもなりますよ。一方、火力を抑えて炊飯するとお米が硬めに仕上がりやすいので、水加減で調整しましょう。

おかゆやヨーグルトも作れる「調理機能」

調理機能付き炊飯器
参照元: roommate.life

お米を炊く以外に、おかゆやヨーグルト、パン、煮込み料理など、さまざまな調理ができる機能が搭載されたモデルもあります。内釜に材料を入れてボタンを押すだけで作れるため、忙しい中でも手作りのご飯が食べたい、という方へおすすめです。

置き場所を選ばない「蒸気レス機能」

蒸気レスの炊飯器
参照元: www.hitachi.co.jp

蒸気がほとんど出ない「蒸気レス」や「蒸気カット」タイプの炊飯器なら、棚の中段に置いても蒸気で木材を傷める心配が無く、置き場所の選択肢が広がります。

外出先から操作できる「スマホ連携機能」

スマホ
参照元: www.amazon.co.jp

「スマホ連携機能」が搭載された炊飯器は、スマホで炊飯予約や炊き上がりの確認、炊飯器の各種設定が可能です。好みの炊き方を登録できたり、操作方法を音声ガイダンスで教えてくれたりするモデルも販売されています。

一人暮らし向け炊飯器のおすすめメーカー3選

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ
参照元: www.irisohyama.co.jp

アイリスオーヤマは、コストパフォーマンスの高さが魅力の電機メーカー。熱伝導速度が約100倍の「瞬熱真空釜IHジャー炊飯器」や、健康に特化したヘルシーメニュー搭載の「ヘルシーサポート炊飯器」、IHコンロとしても使える1台2役の「分離式IHジャー炊飯器」など、さまざまな機能を備えた炊飯器が揃っています。

タイガー魔法瓶

タイガー魔法瓶
参照元: www.tiger.jp

タイガー魔法瓶は、水筒や電気ポット、ホットプレートなど幅広い調理器具を販売するメーカーです。炊飯器はマイコン式、IH式、圧力IH式、土鍋圧力IH式を取り扱っていて、一人暮らし向けの3合炊きサイズも多数ラインナップ。また、インテリアに馴染むおしゃれなデザイン性も魅力です。

象印マホービン

象印マホービン
参照元: www.zojirushi.co.jp

象印マホービンは、魔法瓶の水筒を中心にさまざまな調理器具を販売するメーカーです。炊飯器は、炎のゆらぎを再現した技法で米の1粒1粒までふっくら炊き上げる「炎舞炊き」シリーズや、機能性、使いやすさ、シンプルなデザイン性を兼ね備えた「STAN.」シリーズが人気を集めています。

一人暮らし向け炊飯器のおすすめランキング5選|1万円以下

1アイリスオーヤマアイリスオーヤマ マイコン式炊飯ジャー RC-MF15

4,300 5,080円

★★★★☆4.2
仕上がりの良さ 4.0価格の安さ 5.0機能の豊富さ 3.5

炊飯方式 マイコン 炊飯容量 1.5合

糖質カットができるヘルシーメニューを搭載

糖質を約10%カットする低糖質モードと、麦飯モードを搭載した1.5合炊き炊飯器。ダイエット中や、健康志向の高い方におすすめです。

炊飯器のヒーターは1.5合を炊くのに最適な出力になっているため、少量でもふっくら美味しく仕上がります。5000円以下と手頃な価格で購入できるので、できるだけ予算を抑えたい方にもおすすめです。

2山善山善 炊飯器 YJE-M150

4,280 5,164円

★★★★☆4.0
仕上がりの良さ 4.0価格の安さ 5.0機能の豊富さ 3.0

炊飯方式 マイコン 炊飯容量 1.5合

5000円以下で手に入るコンパクトな炊飯器

幅19cm×奥行18cm×高さ21cmと、置き場所に困らないコンパクトな1.5合炊きの炊飯器です。レバーを下げるだけで簡単に炊飯できるのもポイント。炊き上がると自動でレバーが上がり、そのまま保温に切り替わる仕様になっています。

0.5合なら20分以内で炊き上がるため、毎回炊き立てのご飯が食べられるのもメリット。炊きあがりの良さは劣りますが、手軽に使えて安い炊飯器が欲しい、という方はぜひチェックしてください。

3シャープシャープ マイコン式炊飯器 KS-CF05B-W

7,999 null円

★★★★☆4.0
仕上がりの良さ 4.0価格の安さ 4.5機能の豊富さ 3.5

炊飯方式 マイコン 炊飯容量 3合

厚さ3mmの黒厚釜でふっくら炊き上げ

シャープが販売するマイコン式の3合炊き炊飯器です。厚さ3mmの熱伝導率に優れた黒厚釜で、お米の芯まで熱を伝えて美味しく炊きあげます。

玄米や雑穀米などにも対応しているうえ、もちもちな米粉パンが作れる「パン調理機能」も搭載。さらに、「おいそぎ炊飯機能」や、内釜でお米を洗っても傷つきにくい「Wコーティング内釜」も便利です。

4maxzenMAXZEN 炊飯器 RC-MX201

4,480 4,480円

★★★★☆4.0
仕上がりの良さ 3.5価格の安さ 5.0機能の豊富さ 3.5

炊飯方式 マイコン 炊飯容量 2合

無洗米や玄米も美味しく炊き分け

コンパクトな2合炊きのマイコン式炊飯器。面倒な研ぎ洗いの手間を省ける「無洗米モード」や、玄米が美味しく炊ける「玄米モード」、約35分で炊き上がる「早炊きモード」など4つの炊飯コースを搭載しています。

一方、保温性能が低く、3時間以上保温するとご飯が黄ばんだり硬くなったりしてしまうのはマイナスポイント。都度炊き立てを食べ切りたいという方に向いています。

5無印良品無印良品 炊飯器 MJ-RC3A2 82875706

8,999 null円

★★★☆☆3.7
仕上がりの良さ 3.5価格の安さ 4.5機能の豊富さ 3.0

炊飯方式 マイコン 炊飯容量 3合

シンプルかつおしゃれなデザインが魅力

無印良品が販売する3合炊きの炊飯器。無印良品ならではのシンプルなデザインで、部屋の雰囲気を邪魔せず、おしゃれに使えるのが魅力です。

一方、保温機能が24時間で自動的に切れる仕様で、うっかり放置するとご飯がダメになってしまうので気を付けましょう。

一人暮らし向け炊飯器のおすすめランキング5選|1万円台

1アイリスオーヤマアイリスオーヤマ 圧力IH炊飯器 RC-PD30

17,900 17,900円

★★★★☆4.3
仕上がりの良さ 5.0価格の安さ 3.5機能の豊富さ 4.5

炊飯方式 圧力IH 炊飯容量 3合

コスパ抜群!1万円台の圧力IH炊飯器

上下のWヒーターと極厚火釜を採用した圧力IH式炊飯器。6つの調理モードをはじめ、「40銘柄炊き分け」や「おこのみ炊き」、「ヘルシーメニュー」など多彩な機能を搭載しています。

さらに、食物繊維成分を約2倍に増やす「食物繊維米モード」は、本商品ならではの特徴です。使用後は内蓋や蒸気口キャップを取り外して丸洗いできるため、お手入れも手間が掛かりませんよ。

ハイスペックな圧力IH炊飯器ながら2万円以下と、コストパフォーマンスの高さで選ぶならイチオシの商品です。

2タイガー魔法瓶タイガー魔法瓶 マイコンジャー炊飯器 JBS-A055

10,999 10,999円

★★★★☆4.0
仕上がりの良さ 3.5価格の安さ 4.0機能の豊富さ 4.5

炊飯方式 マイコン 炊飯容量 3合

レトルト食品の温めもできるマルチクッカー

厚さ約3mmの特圧釜が採用されたマイコン式炊飯器です。通常の炊飯メニューに加えて、冷凍保存しても美味しさを保てる「冷凍ご飯メニュー」や、2倍の時間をかけてお米本来の旨みを引き出す「極うまメニュー」など、便利なメニューを搭載。

さらに、低温調理やレトルト温め、パン発酵機能なども使えて、マルチクッカーとしても活躍します。豊富な機能を備えているうえに価格は約1万円とリーズナブルで、一人暮らしにぴったりな商品です。

3アイリスオーヤマアイリスオーヤマ 分離式量り炊きIHジャー RC-IM30

16,700 20,405円

★★★☆☆3.8
仕上がりの良さ 4.5価格の安さ 3.5機能の豊富さ 3.5

炊飯方式 IH 炊飯容量 3合

IHコンロとしても使える2wayモデル

3合炊きの炊飯器としてだけでなく、IHコンロとしても使える便利な2wayモデル。「あきたこまち」や「こしひかり」などの銘柄ごとに最適な水量と火力で仕上げる「50銘柄量り炊き機能」が特徴です。

また、ご飯のカロリー計算や、サラダチキン、ヨーグルトを作れる低温調理などの機能も充実。多機能ながら価格は1万円台と、コストパフォーマンスに優れています。

4象印 マイコン式炊飯器 NL-BB05AM

10,800 13,846円

★★★☆☆3.7
仕上がりの良さ 3.5価格の安さ 4.0機能の豊富さ 3.5

炊飯方式 マイコン 炊飯容量 3合

炊飯からパン作りまでこれ1台

シンプルなマイコン式の3合炊き炊飯器。2.5mmの厚釜を採用していて、お米の芯までムラ無く火が通ります。

また、栄養価の高い雑穀米や金芽米、玄米が炊ける「健康米メニュー」、発酵から焼き上げまで行える「パンメニュー」も搭載。白米以外の主食も楽しみたい、という方にうってつけのアイテムです。

5タイガー魔法瓶タイガー魔法瓶 炊飯器 tacook JAJ-G550WN

17,168 17,168円

★★★☆☆3.5
仕上がりの良さ 3.5価格の安さ 3.5機能の豊富さ 3.5

炊飯方式 マイコン 炊飯容量 3合

ご飯とおかずを同時に調理できる優れもの

クッキングプレートを使ってご飯とおかずを同時に調理できる炊飯器。40種類以上のレシピブックも付属しているので、料理が苦手な方も手軽に美味しいご飯を作れます。

また、冷凍ご飯を解凍した際のベタつきを抑えて美味しく食べられる「冷凍ご飯」や、必要最小限の火力で炊き上げる「エコ炊き」など、一人暮らしに嬉しい機能を搭載しています。

一人暮らし向け炊飯器のおすすめランキング5選|2万円以上

1象印象印 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き NP-RZ05

36,239 36,239円

★★★★☆4.0
仕上がりの良さ 5.0価格の安さ 2.5機能の豊富さ 4.5

炊飯方式 圧力IH 炊飯容量 3合

お米の甘みを引き出す圧力IH炊飯器

水を弱アルカリ化させてお米の甘みを引き出す「鉄器コートプラチナ厚釜」を採用した圧力IH式炊飯器です。圧力をかける強さや時間を調整して好みの食感にしてくれる「炊き分け圧力」や、お米の栄養素を引き出す「熟成炊き」といった機能も搭載。

さらに、やわらかいお米が好きな方向けの「やわらかごはん」メニューは、他にはない特徴です。約35000円と高価ですが、ハイスペックな炊飯器を探している方はぜひチェックしてください。

2日立日立 おひつ御膳 RZ-BS2M

21,300 24,674円

★★★★☆4.0
仕上がりの良さ 4.5価格の安さ 3.5機能の豊富さ 4.0

炊飯方式 IH 炊飯容量 2合

保温性に優れたおひつ仕様の炊飯器

おひつのように釜ごと食卓へ持ち運べる「本体分離構造」が特徴の2合炊き炊飯器。熱源部からおひつを外しても約2時間、ほかほかの65度をキープします。

内釜には熱伝導率の高いアルミ合金製を採用していて、ご飯がムラなく炊き上がるのも嬉しいポイント。一方、パーツが分解しにくく、お手入れに手間が掛かるのは難点です。

3パナソニックパナソニック 炊飯器 SR-KT069

28,980 null円

★★★★☆4.0
仕上がりの良さ 4.5価格の安さ 3.0機能の豊富さ 4.5

炊飯方式 IH 炊飯容量 3.5合

パナソニック独自の技術でご飯が美味しく炊きあがる

パナソニックが独自開発した、釜の上から加熱し続ける「ふたIH」を搭載した炊飯器。釜内部の温度を下げずに炊飯できて、ご飯がふっくら美味しく炊きあがります。

白米、炊き込み、おこわ、玄米などのご飯メニューに加えて、ケーキコースも搭載。一人暮らしにはやや大きめの3.5合炊きなので、数日分のご飯をまとめて冷凍保存しておきたい方にもおすすめです。

4象印象印 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-ES07

59,820 60,487円

★★★☆☆3.8
仕上がりの良さ 5.0価格の安さ 1.5機能の豊富さ 5.0

炊飯方式 圧力IH 炊飯容量 4合

「炎舞炊き」搭載の4合炊き炊飯器

激しい炎のゆらぎを再現した「炎舞炊き」搭載の人気モデル。お米1粒1粒まで火が伝わり、ふっくら炊きあがります。

また、7通りの「炊き分け圧力」や時短調理の「白米急速メニュー」、玄米や金目米などに対応した「健康米メニュー」を搭載しているのも便利なポイント。大きめの4合サイズなので、まとめて炊いて冷凍しておきたい方にもおすすめです。

5三菱電機三菱電機 IH炊飯器 NJ-SE069-W

26,800 35,900円

★★★☆☆3.8
仕上がりの良さ 4.5価格の安さ 3.0機能の豊富さ 4.0

炊飯方式 IH 炊飯容量 3.5合

超音波の力で浸水せずに美味しく炊ける

アルミとステンレスの2層厚釜を備長炭でコーティングしたIH式炊飯器。本体下部に取り付けられている超音波リングの力で、お米を研いでから浸水せずに炊いてもふっくらと仕上がります。また、冷めても美味しく食べられるので、お弁当にもぴったりです。

炊飯メニューは、時間をかけて甘みを熟成する「芳潤炊き」や、もちっとした食感に炊き上げる「もちもちモード」など11種類を搭載。さらに、お米2合が約24分で炊き上がる「お急ぎモード」も選べて、ぱぱっと食べたいときにも重宝します。

安い炊飯器で美味しいご飯を炊くコツ

炊飯時のちょっとした工夫で美味しく炊ける

箸でご飯を持ち上げる
参照元: https://www.amazon.co.jp/

最新型の高性能な炊飯器を使えば手軽に美味しいご飯が炊けますが、高い炊飯器は一人暮らしには手が出にくいですよね。そこで今回は、安い炊飯器でもちょっとした工夫でご飯の美味しさをアップさせる方法を紹介します。

美味しい水を使って炊く

ご飯には大量の水分が含まれているので、水の美味しさにこだわるとご飯が一層美味しく仕上がります。水道から出したままの水ではなく、浄水器でろ過した水や、沸騰させてカルキ抜きした水を使うのがおすすめ。

毎回高級米を買うのはお財布に負担ですが、美味しい水なら低コストで用意できますよ。

お米と水の量を正確に計る

ご飯の固さは、お米と水のバランスで決まります。水が多いと柔らかく、少ないと固くなってしまうので、ふっくら美味しく炊くには分量をしっかり計るのがポイント。

お米は、カップに入れたら表面を指でなぞってすり切りにすると正確に計れます。水は、炊飯釜の目盛りと水平になるようにゆっくり注ぎましょう。

お米を炊く前に冷蔵庫で浸水させる

お米を研いだ後、水に浸したお米を冷蔵庫に入れて浸水させましょう。浸水する時間は夏場なら30分、冬場は60分ほどが目安です。長く浸けすぎるとベタッとしたご飯になってしまうので、タイマーをセットしておくのがおすすめ。

ご飯が炊けたらしっかりほぐす

ご飯が炊きあがったら、しゃもじでほぐすのも重要なポイント。炊きたてのご飯には余分な水分が付いているため、そのまま放置するとご飯粒同士がくっついて食感が悪くなってしまいます。

ほぐすときは、ご飯の表面を十字に切って、ブロックごとにほぐしていくのがポイント。米粒が潰れないように底から優しく持ち上げて混ぜると、ツヤツヤの美味しいご飯が完成します。

まとめ

今回は、一人暮らし向け炊飯器のおすすめランキング15選を紹介しました。炊飯器は食生活の中心になる家電です。ご飯が美味しいと毎日の食事が楽しみになるので、値段を考慮しつつ、仕上がりにもこだわって自分に合うモデルを選びましょう!

また、低カロリーなごはんを炊ける「糖質カット炊飯器」や、オフィスで一人分のご飯を炊ける「弁当箱炊飯器」のおすすめ商品も紹介しています。さまざまなタイプの炊飯器を検討したい方は、ぜひ参考にしてください。

本記事は販売元公式サイト、Amazon、楽天市場など販売店の売れ筋、口コミ、アンケート、価格情報、検証情報を参考とし、Kaubelが独自に順位付けを行っています。
本記事の内容やランキング順位はメーカーからの商品提供、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。意図的なランキング操作を目的とした交渉は固くお断りしております。
本記事内の商品は各ECサイトが提供するAPIを使用し価格やリンクを自動生成しております。取得後に価格変動があった場合等、本記事と情報とは異なることがありますため、最新の商品価格・詳細情報については、販売店やメーカーをご確認ください。