著者

ヤマ 記事一覧

Kaubel編集部ガジェットライター

生活や仕事を充実させるガジェットを追求しています。タイピングしやすいキーボードやコスパの高いワイヤレスイヤホンを集めるのが好きです。趣味は映画鑑賞とブログ運営。モノ選びに悩む方へ向けて、「分かりやすくて読みやすい文章」を常に意識して紹介していきます。

監修者

ひで 記事一覧

ウェブライター・ウェブメディア運営支援

2007年に独立後、2011年には顧客対応もオンラインに1本化。15年来の完全リモートな在宅ワーカーとして中小企業、個人事業主を中心としたウェブメディア運営の支援に従事。同時に、メールマガジン、ブログなど各種メディアでPCガジェットの活用による生産性の向上、ウェブ集客、SEO、ビジネスなどの情報発信を行う。現在はこれまでの経験を活かして在宅ワーカー視点でのガジェットレビューを楽しんでいる。

KaubelはAmazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、バリューコマース アフィリエイトを始めとする各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がKaubelに還元されることがあります。

SSDとは?

読み書き速度に優れた大容量ストレージ

SSD
参照元: https://www.amazon.co.jp/

SSDは、Solid State Drive(ソリッド・ステート・ドライブ)の略称。HDDでは回転する円盤にデータを読み書きする構造なのに対して、SSDは内蔵されたメモリーチップにデータを読み書きします。SSDにSteamのゲームを保存すれば、HDDに保存したときと比べてゲームのロードの時間が短縮されるのが大きなメリットです。

プロフィール画像ガジェットライター Steamと外付けSSDは好相性ゲームのインストール先を外付けSSDに設定することも、他のストレージから外付けSSDにゲームを移動することも、Steamならメニューから比較的かんたんに設定可能。大容量データでPCのストレージが圧迫してきたなら、積極的に外付けSSDへと退避させることを考えましょう。

Steam向け外付けSSDを選ぶポイント

USB規格をチェック

USB3.0
参照元: https://unsplash.com/

USB3.0以上に接続しなければ性能が発揮できない

USBには、大きく分けてUSB2.0とUSB3.0の端子があります。SSDのデータ転送速度で表すと、USB3.0は625MB/s、USB2.0は60MB/s。USB2.0では外付けSSDの標準的な速度目安の500MB/sから大きく落ちてしまうため、USB3.0以上の規格を使用しましょう。

プロフィール画像ガジェットライター Mbps & MB/s 混同しがちな2つの単位ゲームを快適に楽しむには「速度」が大切。SSD選びの際に注意したいのが「Mbps・MB/s」という2つのデータ転送速度の単位の違い。両者は一見似ていますが、Mbpsは「ビット」、 MB/sは「バイト」を表す異なる単位。SSDの速度は「MB/s」で、その速度に影響するUSBインターフェースの速度は「Mbps」で表されることが多いので混乱しがちかも。「1ビット=8バイト」なので、「8Mbps = 1MB/s 」と覚えておくと良いでしょう。

プロフィール画像ガジェットライター 最新のSSDの最大速度が「2000MB/s」出る理由?最新の外付けSSD上位モデルが備えることの多いUSB3.2 Gen2x2インターフェース。最大転送速度は「20Gbp(20,000Mbps)」。つまり、「2500MB/s」です。また、SSDの場合、最大速度の実測値はこの「8掛け」が目安。つまり、「2500×0.8=2000MB/s」がおおよその最大速度になります。この様に、USBインターフェースからSSDの最大速度を求めるには「8で割って、0.8を掛ける」。USB3.0なら「5000(5Gbps)÷8×0.8=500MB/s」になりますね。

転送速度をチェック

SSD
参照元: https://www.amazon.co.jp/

同じSSDでも商品ごとに転送速度が異なる

外付けSSDは、商品ごとにデータ転送速度が異なります。商品紹介ページに読み込み速度と書き込み速度がそれぞれ記載されているので、購入前に欠かさずチェックしましょう。

プロフィール画像ガジェットライター 外付けSSDの速度目安は?商品によって様々な転送速度を持つ外付けSSD。ゲーミング用途なら、「500MB/s」を判断基準の1つにすることをおすすめします。500MB/s前後なら「普通」。大きく超えるなら「速い」。大きく劣るなら「遅い」です。ただし、実際の速度を計測すると、公称値に及ばないことは多々あります。速度にこだわるのであれば、ショップレビューやウェブ検索などでユーザーの声をチェックすることも大切です。

容量をチェック

1TBのストレージデバイス
参照元: https://www.amazon.co.jp/

500GB〜1TBが目安

以前までは高額だったSSDも値段が落ち着いてきており、500GBで5,000円、1TBで9,000円程度と手の届きやすい価格帯の商品が増えてきています。

ゲームデータを保存する程度の用途であれば500GB~1TBで充分ですが、2TBでも15,000円程度と割安になっているのが悩みどころ。ゲームのほかに音楽や動画など容量の大きいファイルを扱う場合は、2TB以上の製品も視野に入れましょう。

プロフィール画像ガジェットライター おすすめの容量は?大作とされる様なタイトルを中心にプレイする場合、容量500GBだとアプデ込みで3タイトル前後を回すことができるイメージです。1つのゲームに集中してプレイするスタイルなら特に問題はないはず。一方、複数のタイトルを同時にプレイするスタイルであっても、ゲームだけなら2TBの容量は手に余るかも。ゲームに特化した使い方をするのであれば、コスパ的にも1TBからのスタートがおすすめです。

種類で選ぶ

据え置き型の外付けSSD
参照元: https://www.amazon.co.jp/

耐久性に優れた据え置き型

据え置き型はサイズが大きく重量もあり、耐久性に優れているのが大きな特徴。中のデータを持ち運ぶ予定がなく、振動や衝撃でデータが破損する可能性をケアしたい方におすすめのタイプです。

持ち運びやすいポータブル型

SSDを持ち歩いて使用できるポータブル型。作業データを持ち運ぶ方、写真や動画などを友人と共有したい方、Steamからダウンロードした容量の大きいゲームを出先ですぐに遊びたい方などにおすすめの種類です。

プロフィール画像ガジェットライター 外付けSSDケースという選択肢外付けならSSDケースの活用も。手持ちの内蔵SSDを再利用できること。複数のSSDを入れ替えて使用できること。好みにあわせて、規格、パフォーマンス、価格をコントロールできること。ちょっとした自作気分が味わえること、などメリットは多いです。

Steam向け外付けSSDのおすすめメーカー3選

トランセンド

トランセンド
参照元: https://www.amazon.co.jp/

高い人気と信頼性を誇るメモリメーカー

トランセンドは台湾台北市に本社を構える、半導体メモリ製品を中心に製造する企業。2007年のUSBメモリシェア世界3位に輝いており、メモリ製品で高い人気を誇っています。製品開発から生産開始までに安定性、耐久性、互換性を入念にチェックしており、高い信頼性が持ち味です。

キングストン

キングストン
参照元: https://www.amazon.co.jp/

ゲーミングデバイスのノウハウを持つ

キングストンは、アメリカに本社を置くメモリモジュール製造メーカーです。DRAMというパソコンに使われるメモリのシェアが、2018年時点では72.17%という圧倒的な数字で1位に輝きました。かつてゲーミングブランド「HyperX」を保有していたという背景もあり、PCゲームやe-Sportsに強いメーカーです。

キオクシア

キオクシア
参照元: https://www.amazon.co.jp/

高いシェア率を誇る国内メーカー

キオクシア株式会社は2019年に設立された半導体メーカーで、日本の東京都港区に本社を構えます。東芝の半導体メモリ事業を分社化して設立された会社で、2017年の半導体メーカー売上高ランキングでは市場シェア第8位に輝きました。社名の「キオクシア」は「記憶」と「アクシア(価値)」という言葉を組み合わせたもので、「記憶で世界をおもしろくする」というキャッチコピーを掲げています。

おすすめ人気ランキング比較表

商品名 リンク 最安価格 転送速度の速さ 容量の大きさ 耐久性の高さ
1トランセンド 外付けSSD 1TB TS1TESD380C トランセンドトランセンド 外付けSSD 1TB TS1TESD380C 15,500円 15,500 5.0/5.0 4.0/5.0 4.5/5.0
2キングストン 外付けSSD 1TB SXS2000 キングストンキングストン 外付けSSD 1TB SXS2000 19,338円 19,338 5.0/5.0 4.0/5.0 4.0/5.0
3キオクシア SSD 外付け 1TB SSD-PKP1.0U3-B キオクシア SSD 外付け 1TB SSD-PKP1.0U3-B 15,800円 15,800 4.0/5.0 4.0/5.0 4.0/5.0
4Samsung T7 1TB MU-PC1T0T SamsungSamsung T7 1TB MU-PC1T0T 13,200円 13,200 4.5/5.0 4.0/5.0 3.0/5.0
5Crucial X8 外付けSSD 1TB CT1000X8SSD9 CrucialCrucial X8 外付けSSD 1TB CT1000X8SSD9 14,454円 14,454 4.0/5.0 4.0/5.0 3.5/5.0
6シリコンパワー 外付けSSD 1TB SP010TBPSD75PSCK シリコンパワーシリコンパワー 外付けSSD 1TB SP010TBPSD75PSCK 10,200円 10,200 2.5/5.0 4.0/5.0 4.5/5.0
7SUNEAST 外付けSSD 1TB SE-PSSD01AC-01TB SUNEASTSUNEAST 外付けSSD 1TB SE-PSSD01AC-01TB 7,980円 7,980 3.0/5.0 4.0/5.0 4.0/5.0
8SanDisk SSD外付け 1TB SDSSDE30-1T00-GH25 SanDiskSanDisk SSD外付け 1TB SDSSDE30-1T00-GH25 12,980円 12,980 3.0/5.0 4.0/5.0 3.5/5.0
9アイ・オー・データ ポータブルSSD 500GB SSPG-USC500NB アイ・オー・データアイ・オー・データ ポータブルSSD 500GB SSPG-USC500NB 9,205円 9,205 3.0/5.0 2.0/5.0 4.5/5.0
10バッファロー 外付けSSD  1TB SSD-SCT1.0U3-WA バッファローバッファロー 外付けSSD 1TB SSD-SCT1.0U3-WA 12,479円 12,479 2.5/5.0 4.0/5.0 2.0/5.0
11エレコム 外付けSSD 1TB EMN1000GBUR エレコムエレコム 外付けSSD 1TB EMN1000GBUR 10,580円 10,580 2.0/5.0 4.0/5.0 2.0/5.0
12バッファロー SSD 外付け 1TB SSD-PG1.0U3-BC バッファローバッファロー SSD 外付け 1TB SSD-PG1.0U3-BC 8,154円 8,154 2.0/5.0 4.0/5.0 1.5/5.0

Steam向け外付けSSDのおすすめ人気ランキング12選

1トランセンドトランセンド 外付けSSD 1TB TS1TESD380C

15,500 15,500円

★★★★☆4.5
転送速度の速さ 5.0容量の大きさ 4.0耐久性の高さ 4.5

2000MB/sの高速データ転送と高い耐久性を誇る

「トランセンド 外付けSSD 1TB TS1TESD380C」は、USB3.2Gen2×2に対応しているため最大で2000MB/sの高速データ転送が可能です。ラバーケースを採用しており、米軍の落下試験相当の入念な耐久性テストをクリアしています。容量は1TBと充分なうえ75gの軽量さ、54mm×96mm×12mmのコンパクトさも魅力的です。

2キングストンキングストン 外付けSSD 1TB SXS2000

19,338 19,338円

★★★★☆4.3
転送速度の速さ 5.0容量の大きさ 4.0耐久性の高さ 4.0
IP55の防塵防水と高速データ転送

「キングストン 外付けSSD 1TB SXS2000」は、USB3.2 Gen2×2に対応しているためデータ転送速度が2000MB/sと高速です。容量は1TBで重量はわずか28.9g、サイズも32mm×69mm×13mmとコンパクトな設計。IP55の高い防水防塵性能も備えるため、持ち運ぶ用途にも安心して利用できます。

3キオクシア SSD 外付け 1TB SSD-PKP1.0U3-B

15,800 15,800円

★★★★☆4.0
転送速度の速さ 4.0容量の大きさ 4.0耐久性の高さ 4.0

軽量で頑丈なアルミボディが魅力

「キオクシア SSD 外付け 1TB SSD-PKP1.0U3-B」は、USB3.2Gen2に対応した外付けSS D。1050MB/sの高速データ転送が可能で、容量は1TBと充分。150gの軽量アルミボディは最大122cmの落下試験にも耐えており、安心して持ち運びが可能です。

SSD Utilityソフト対応のため、万が一紛失した場合でもパスワード保護機能で内部のデータを守ります。PS4、PS5での動作確認済みな点も嬉しいポイント。

4SamsungSamsung T7 1TB MU-PC1T0T

13,200 13,200円

★★★☆☆3.8
転送速度の速さ 4.5容量の大きさ 4.0耐久性の高さ 3.0

ロード時間を57%削減した実績を持つ

「Samsung T7」は、USB3.2Gen2を搭載した外付けSSD。最大データ転送速度が1050MB/sと高速なうえPS4、PS5動作確認済みなのも嬉しいポイント。PS4版「バイオハザードヴィレッジ」ではロード時間を約57%短縮したという実績があり、Steamの外付けSSDとしても同様の効果が期待できます。

5CrucialCrucial X8 外付けSSD 1TB CT1000X8SSD9

14,454 14,454円

★★★☆☆3.8
転送速度の速さ 4.0容量の大きさ 4.0耐久性の高さ 3.5

多種多様なデバイスに公式対応

「Crucial X8 外付けSSD」は、USB3.2Gen2を搭載した外付けSSD。2mの高さからの落下耐久試験をクリアしており、耐久性にも優れています。PS4、PS5、XBox One、Apple iPad Pro、Windows、Mac、Chromebook、Android、Linuxと、さまざまなデバイスに対応しているのが大きな魅力です。

6シリコンパワーシリコンパワー 外付けSSD 1TB SP010TBPSD75PSCK

10,200 10,200円

★★★☆☆3.7
転送速度の速さ 2.5容量の大きさ 4.0耐久性の高さ 4.5

優れた耐衝撃性能と安心の3年保証

「シリコンパワー 外付けSSD 1TB SP010TBPSD75PSCK」は、USB3.1Gen2搭載で最大読み込み速度は520MB/s。携帯性に優れたスリムなデザインで、データ転送が一目でわかるLEDインジケーターを搭載しています。

高い耐衝撃性能を持ち、アフターサポートが3年ついているため故障にもしっかり対応。アルミニウムのボディは傷や指紋汚れに強く、放熱性にも優れています。

7SUNEASTSUNEAST 外付けSSD 1TB SE-PSSD01AC-01TB

7,980 7,980円

★★★☆☆3.7
転送速度の速さ 3.0容量の大きさ 4.0耐久性の高さ 4.0

シンプルかつ充分なスペックを持つ

「SUNEAST 外付けSSD 1TB SE-PSSD01AC-01TB」はUSB3.1を搭載しており、最大読み込み速度が560MB/s、最大書き込み速度は510MB/s。縦60mm×横73mmのコンパクトデザインが特徴的で、重量も80gと軽量です。

AndroidやWindows11、Macなどさまざまなデバイスに対応しているのもポイント。ボディはアルミニウム合金製で衝撃に強く、3年保証により早期故障サポートも完備しています。

8SanDiskSanDisk SSD外付け 1TB SDSSDE30-1T00-GH25

12,980 12,980円

★★★☆☆3.5
転送速度の速さ 3.0容量の大きさ 4.0耐久性の高さ 3.5

軽量でコンパクトな高耐久モデル

「SanDisk SSD外付け 1TB SDSSDE30-1T00-GH25」はUSB3.2Gen2に対応しており、最大読み書き速度は520MB/sです。縦96.9mm×横46.9mm×厚さ9.9mmとコンパクトで、重量は40gとかなり軽量。

高さ2mからの落下にも耐える高耐久ボディで、メーカー3年保証もついており故障の心配がありません。「SanDisk SecureAccess」というファイル暗号化ソフトが付属しているため紛失にも対応。

9アイ・オー・データアイ・オー・データ ポータブルSSD 500GB SSPG-USC500NB

9,205 9,205円

★★★☆☆3.2
転送速度の速さ 3.0容量の大きさ 2.0耐久性の高さ 4.5

約67%のロード時間短縮が期待できる

「アイ・オー・データ ポータブルSSD 500GB SSPG-USC500NB」はUSB3.2Gen2を搭載しており、最大読み込み速度は約500MB/s、最大書き込み速度は約450MB/s。縦88mm×横58mmのコンパクトな名刺サイズに加えて、42gと軽量なので持ち運びもしやすいです。

高さ1.2mの落下に耐える高耐久ボディも魅力の1つ。PS4では約67%のロー時間短縮を謳っており、Steamでも同様の効果が期待できます。

10バッファローバッファロー 外付けSSD 1TB SSD-SCT1.0U3-WA

12,479 12,479円

★★☆☆☆2.8
転送速度の速さ 2.5容量の大きさ 4.0耐久性の高さ 2.0

USBメモリのような超コンパクトボディ

「バッファロー 外付けSSD 1TB SSD-SCT1.0U3-WA」は、USBメモリのように差し込むだけで使える超コンパクトな外付けSSDです。USB3.2Gen1を搭載しているため、最大読み書き速度は430MB/sと充分。重量は単三アルカリ乾電池よりも軽い17gで、ストラップを取り付けられる穴がついているため、快適に持ち運んで使用できます。

11エレコムエレコム 外付けSSD 1TB EMN1000GBUR

10,580 10,580円

★★☆☆☆2.7
転送速度の速さ 2.0容量の大きさ 4.0耐久性の高さ 2.0

1年間のデータ復旧サービス付き

「エレコム 外付けSSD 1TB EMN1000GBUR」はUSBメモリのような形状をしており、USBポートに刺すだけで使えます。USB3.2Gen1を搭載しており、最大読み込み速度は400MB/s、最大書き込み速度は350MB/s。1年間の保証内であれば「データ復旧サービスLite」を無償で受けられるので、データの破損時にも安心です。

12バッファローバッファロー SSD 外付け 1TB SSD-PG1.0U3-BC

8,154 8,154円

★★☆☆☆2.5
転送速度の速さ 2.0容量の大きさ 4.0耐久性の高さ 1.5

据え置きに対応した高耐衝撃性と滑り止め設計

「バッファロー SSD 外付け 1TB SSD-PG1.0U3-BC」は、USB3.2Gen1を搭載したモデル。データ転送速度は320MB/sとなっており、HDDの2.6倍のスピードでデータのコピーが可能。耐久性に優れており、設置時の衝撃を吸収する構造や、滑り止めのゴム素材などの設計が施されています。

まとめ

今回は、Steam向け外付けSSDのおすすめ人気ランキング12選を紹介しました。国内でのPCゲーマーの人口は年々増加しており、ゲームデータを保存するためにHDDやSSDなどのストレージデバイスの需要も高まっています。本記事を参考に、自分に合った最適な外付けSSDを選びましょう。

また、Steam向け外付けSSDだけでなくPS5用外付けSSDも紹介しているので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

PS5用外付けSSDのおすすめランキング

本記事は販売元公式サイト、Amazon、楽天市場など販売店の売れ筋、口コミ、アンケート、価格情報、検証情報を参考とし、Kaubelが独自に順位付けを行っています。
本記事の内容やランキング順位はメーカーからの商品提供、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。意図的なランキング操作を目的とした交渉は固くお断りしております。
本記事内の商品は各ECサイトが提供するAPIを使用し価格やリンクを自動生成しております。取得後に価格変動があった場合等、本記事と情報とは異なることがありますため、最新の商品価格・詳細情報については、販売店やメーカーをご確認ください。