著者

や ま 記事一覧

釣りライター兼調理師

釣り歴19年。海をメインにさまざまな釣りを楽しんでいます。特にロックフィッシュが好きで、メバル、アカハタ、オオモンハタなどをメインに狙っています。自称釣具マニアで、最新作の情報を探しながら実際に購入して試したり、コレクションしたりして楽しんでいます。

KaubelはAmazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、バリューコマース アフィリエイトを始めとする各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がKaubelに還元されることがあります。

ワカサギ仕掛けの選び方

ワカサギ釣り
参照元: https://www.photo-ac.com

ワカサギ仕掛けを選ぶポイント
針の数で選ぶ
針の大きさで選ぶ
針の種類で選ぶ
針の色で選ぶ
ラインの太さで選ぶ

針の数で選ぶ

ワカサギ釣りでは、5〜10本の針が採用された仕掛けを使用します。針の本数は、仕掛けの取り回しや探れるタナ(魚の遊泳層)の広さに関わる重要な要素です。ワカサギ釣りの熟練度に合わせて針の本数を選びましょう。

初心者におすすめ!扱いやすい5本針

ワカサギ釣りに慣れていない初心者には、5本針の仕掛けがおすすめ。5本針は全長が短いので、扱いやすいです。探れるタナは狭いですが、エサ付けがスムーズに行えるため手返しがアップします。

ワカサギ釣りで基本となる6本針

ワカサギ釣り仕掛けで基本となる針の数が6本です。6本針仕掛けの特徴として、取り回しの良さと探れる層の広さが挙げられます。両方のバランスに優れているので、使える場面が多いです。

幅広いタナを探るなら7本針以上

ワカサギ釣りに慣れている人で幅広いタナを探りたい場合には、全長の長い7本針以上がおすすめです。針の本数が多い分扱いにくいですが、ワカサギがいる層をいち早くサーチできます。また、一度に複数匹のワカサギを釣り上げる数釣りが狙える点も魅力です。

針のサイズで選ぶ

口が小さなワカサギを釣り上げるには、針の大きさも重要です。針の大きさは数字で表記し、数字が大きくなると針のサイズも上がります。針の大きさは釣れるワカサギの大きさに合わせて選択しましょう。

基本のサイズは1.5号

ワカサギ釣りで基本となる針のサイズは1.5号です。1.5号の針は、釣りやすいワカサギのサイズ5〜10センチまでに対応しています。さらに、釣り場を問わず使用可能で、守備範囲が広いです。

小型ワカサギ狙いには1号がおすすめ

5〜7センチほどの小型ワカサギがメインとなる場面では、小さいサイズの1号針がおすすめ。特に、小型サイズのワカサギが多く発生する秋口で大活躍します。9〜10月にワカサギ釣りに行くときには、1号の針を使用した仕掛けを用意しておきましょう。

大型ワカサギを狙いでは2号がおすすめ

10センチ以上ある大型ワカサギを狙うときには、2号の針が向いています。2号は針のサイズが大きいため、大型ワカサギの口に針が掛かりやすいです。

デメリットとして、10センチ以下の小さいワカサギが混ざる状況では針掛かりしにくい点が挙げられます。2号の針は、10センチ以上のワカサギがコンスタントに釣れる状況でのみ使用しましょう。

針の種類で選ぶ

ワカサギ釣りの仕掛けに使用される針には、狐針と袖針の2種類が存在します。針の種類によって特徴が大きく異なるため、違いを抑えて使い分けましょう。

ワカサギが吸い込みやすい形状の狐針

狐針は針先が小さく、細長い形状をしています。ワカサギが吸い込みやすい形なので、口内に針が刺さりやすいです。一方で、針の懐が狭くターゲットから針が外れやすいため、活性が高いワカサギを数釣りで狙える場面で使いましょう。

バラシが発生しにくい袖針

袖針は、細長い形状で針の懐が広いです。針掛かりした魚を逃す「バラシ」が発生しにくいので、ワカサギが抵抗しても針が外れる心配がありません。ただし、袖針はワカサギの針の吸い込みを邪魔する恐れがあるため、ヒットしたワカサギを丁寧に釣り上げたいときにだけ使用しましょう。

針の色で選ぶ

ワカサギ釣りでは、針の色も釣果アップに繋がる重要な要素です。ワカサギ仕掛けには主に金、黒、緑、赤の4色があるので、特徴をチェックしておきましょう。

キラキラとアピールできる金針

金色に塗装された金針は、水中でキラキラと光りワカサギにアピールします。アピール力が強いので、ワカサギが広範囲に散っているフィールドでおすすめです。なお、金針には紫外線に反応して発光するケイムラカラーもあります。

光の反射を抑えられる黒針

金針がキラキラと光を反射するのに対し、黒針は光を反射しにくい色の針です。ワカサギは光を反射する金針を嫌がる場合があります。特に、活性が低いワカサギはアピール力が強いと逃げるため、光を反射しにくいローアピールな黒針で反応を探りましょう。

食い渋りで活躍する緑針

緑色に塗装された針は水に馴染みやすいので、水中でナチュラルに見えます。針に敏感な食いが渋いワカサギを狙う際に効果的です。

紅サシやアカムシを使用するときには赤針

水中で光の反射を抑えて、魚から見えにくいとされている赤針。赤針は針の存在感を消せるため、エサを目立たせたい場面で効果的です。特に、紅サシやアカムシなどの赤いエサを使用するときに重宝します。

ラインの太さで選ぶ

強度と食わせやすさのバランスを考える

ワカサギ釣りではハリスや幹糸といったラインの太さも重要です。強度と食わせやすさのバランスを考えてハリスは0.3号、幹糸は0.4号がおすすめ。ハリスは細くても0.2号、幹糸は細くても0.25号を目安に仕掛けを選びましょう。

ワカサギ仕掛けのおすすめメーカー3選

バリバス

ワカサギの活性に合わせた仕掛けを扱っている

ルアー向けのロッドやラインで人気が高いバリバス。バリバスでは、ワカサギの活性に合わせた仕掛けを厳選して販売しています。ワカサギ釣りの経験が浅い方でも選びやすいので、自分にとってベストな仕掛けを迷わずに見つけられるメーカーです。

がまかつ

ワカサギ釣りのエキスパートが仕掛けを監修

釣針はもちろん、ロッドやウェアまで販売する大人気釣具メーカーのがまかつ。がまかつでは、ワカサギ釣りのエキスパートが監修した仕掛けを販売しています。ベテランの知識や経験が詰め込まれた仕掛けを探している釣り人におすすめです。

オーナーばり

ワカサギ仕掛けの針が刺さりやすい

品質が高い釣針を販売する釣具メーカーのオーナーばり。オーナーばりでは、刺さりやすさ抜群の針を使用したワカサギ用の仕掛けを販売しています。また、ワカサギ仕掛けはラインナップが豊富なので、釣り場に合わせた選択がしやすいのも魅力です。

おすすめ人気ランキング比較表

商品名 リンク 最安価格 食わせやすさ 取り回しの良さ 汎用性の高さ
1バリバス ワカサギ仕掛け 基本 バリバスバリバス ワカサギ仕掛け 基本 376円 374 5.0/5.0 5.0/5.0 5.0/5.0
2がまかつ ワカサギ王 スタンダード 7本仕掛(袖タイプ) がまかつがまかつ ワカサギ王 スタンダード 7本仕掛(袖タイプ) 1,860円 1,860 4.5/5.0 5.0/5.0 5.0/5.0
3オーナーばり 時短ワカサギ5本 オーナーばりオーナーばり 時短ワカサギ5本 396円 396 4.0/5.0 5.0/5.0 5.0/5.0
4リバス ワカサギ仕掛け 釣頃 バリバスリバス ワカサギ仕掛け 釣頃 446円 445 4.5/5.0 5.0/5.0 4.0/5.0
5バリバス ワカサギ仕掛け 渋時 バリバスバリバス ワカサギ仕掛け 渋時 446円 446 4.5/5.0 4.5/5.0 4.0/5.0
6がまかつ ワカサギ連鎖 ケイムラ金鈎 5本仕掛(狐タイプ) がまかつがまかつ ワカサギ連鎖 ケイムラ金鈎 5本仕掛(狐タイプ) 363円 363 4.0/5.0 4.5/5.0 4.0/5.0
7ダイワ クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS 速攻 マルチキツネ型 ケイムラ金 夜光留 ダイワダイワ クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS 速攻 マルチキツネ型 ケイムラ金 夜光留 355円 355 3.5/5.0 4.5/5.0 4.0/5.0
8ダイワ クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS 誘惑ワイドピッチ ダイワダイワ クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS 誘惑ワイドピッチ 296円 296 4.0/5.0 4.0/5.0 3.5/5.0
9ダイワ クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS 誘惑パワーロング ダイワダイワ クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS 誘惑パワーロング 473円 473 3.5/5.0 4.0/5.0 3.5/5.0
10がまかつ 山中湖ワカサギ 7本仕掛(狐タイプ) がまかつがまかつ 山中湖ワカサギ 7本仕掛(狐タイプ) 437円 437 4.0/5.0 3.0/5.0 3.5/5.0
11ささめ針 ワカサギ 速返し6本鈎 ささめ針ささめ針 ワカサギ 速返し6本鈎 206円 206 3.0/5.0 4.0/5.0 3.0/5.0
12オーナーばり 投ワカサギフロート10本鈎 オーナーばりオーナーばり 投ワカサギフロート10本鈎 440円 440 3.0/5.0 3.0/5.0 2.0/5.0

ワカサギ仕掛けのおすすめ人気ランキング12選

1バリバスバリバス ワカサギ仕掛け 基本

374 376円

★★★★★5.0
食わせやすさ 5.0取り回しの良さ 5.0汎用性の高さ 5.0

ワカサギ釣りの基本となる定番の仕掛け

「バリバス ワカサギ仕掛け 基本」は、ワカサギ釣り入門者からベテランまで幅広い層におすすめな商品です。針の号数やラインの太さ、仕掛けの長さのいずれもがワカサギ釣りの基本仕様に仕上がっています。針数は5本針、6本針、7本針から選べるので、ワカサギ釣りの熟練度に合わせて選択しましょう。

2がまかつがまかつ ワカサギ王 スタンダード 7本仕掛(袖タイプ)

1,860 1,860円

★★★★☆4.8
食わせやすさ 4.5取り回しの良さ 5.0汎用性の高さ 5.0

食いが渋くても1匹を大切にキャッチできる

「ワカサギ王 スタンダード 7本仕掛(袖タイプ)」は、幅広いレンジを探れる7本針の仕掛けです。バラシを軽減できる袖針を使用しているため、食いが渋い状況でも1匹1匹を大切にキャッチして数を伸ばせます。また、7本針の割に全長86センチとやや短く、扱いやすいのもポイント。

3オーナーばりオーナーばり 時短ワカサギ5本

396 396円

★★★★☆4.7
食わせやすさ 4.0取り回しの良さ 5.0汎用性の高さ 5.0

初心者におすすめ!取り回しが良く扱いやすい

「オーナーばり 時短ワカサギ5本」は、針の本数が少ない仕掛けです。取り回し良く扱いやすいため、ワカサギ釣り初心者におすすめ。

さらに、全長は66センチと非常に短いので手返しが良く、数釣りにも貢献します。針にはフッ素コートが施してあるので、小さなアタリでも簡単にフッキングに持ち込める点もメリット。

4バリバスリバス ワカサギ仕掛け 釣頃

445 446円

★★★★☆4.5
食わせやすさ 4.5取り回しの良さ 5.0汎用性の高さ 4.0

ワカサギがよく釣れるときにおすすめ

「バリバス ワカサギ仕掛け 釣頃」は、ワカサギが入れ食い状態になっているときに活躍する商品です。ハリスと幹糸にフロロカーボンを採用しているため丈夫で、仕掛けが長持ちします。ただし、フロロカーボンは硬くハリがあって食い込みにくいため、高活性なワカサギ相手にだけ使いましょう。

5バリバスバリバス ワカサギ仕掛け 渋時

446 446円

★★★★☆4.3
食わせやすさ 4.5取り回しの良さ 4.5汎用性の高さ 4.0

ワカサギが釣れない状況を打破できる

「バリバス ワカサギ仕掛け 渋時」は、ワカサギが中々釣れないときに重宝する仕掛けです。ワカサギにラインの違和感を与えにくいため、食い込みをしっかり狙えます。しかし、極細のハリスと幹糸を使用しているので、糸切れしやすいです。

6がまかつがまかつ ワカサギ連鎖 ケイムラ金鈎 5本仕掛(狐タイプ)

363 363円

★★★★☆4.2
食わせやすさ 4.0取り回しの良さ 4.5汎用性の高さ 4.0

ケイムラの金針でワカサギに強くアピールできる

「ワカサギ連鎖 ケイムラ金鈎 5本仕掛(狐タイプ)」は、ケイムラ塗装が施された針を採用した仕掛けです。紫外線がある状況下で針が目立つので、ローライト時や濁りがある状況でもワカサギに強くアピールできます。一方で、アピール力の高さゆえに、水が澄んでいるフィールドには向きません。

7ダイワダイワ クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS 速攻 マルチキツネ型 ケイムラ金 夜光留

355 355円

★★★★☆4.0
食わせやすさ 3.5取り回しの良さ 4.5汎用性の高さ 4.0

短いハリスでワカサギを手返し良く釣れる

「クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS 速攻」は、高活性なワカサギをテンポ良く釣りたい場面向きの商品です。ハリスが2.5センチと短めなので、ワカサギを手返し良く釣れます。ケイムラの金針を採用しているためアピール力が高いものの、食い渋りにしっかりと対応できる点も魅力です。

8ダイワダイワ クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS 誘惑ワイドピッチ

296 296円

★★★☆☆3.8
食わせやすさ 4.0取り回しの良さ 4.0汎用性の高さ 3.5

タナを幅広く探れる仕掛け

「クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS 誘惑ワイドピッチ」は幅広いタナを探れる仕掛けで、ハリスとハリスの間隔が25センチもあります。特に、ワカサギのタナがわからない状況でおすすめです。ただし、針がタナから外れやすいため、ワカサギが泳いでいる層を絞り込めたときは使用を避けましょう。

9ダイワダイワ クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS 誘惑パワーロング

473 473円

★★★☆☆3.7
食わせやすさ 3.5取り回しの良さ 4.0汎用性の高さ 3.5

高活性なワカサギをテンポよく釣れる

「クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS 誘惑パワーロング」は、0.25〜0.3号のハリスに0.3〜0.4号までの幹糸を採用した商品。ライン強度が高いので、ワカサギから針を外す際にラインが切れにくいです。一方で、食いが渋いときにはラインが食い込むまで時間がかかるものの、高活性時には手返しアップに貢献します。

10がまかつがまかつ 山中湖ワカサギ 7本仕掛(狐タイプ)

437 437円

★★★☆☆3.5
食わせやすさ 4.0取り回しの良さ 3.0汎用性の高さ 3.5

激戦区の山中湖向けに作られた専用仕掛け

「山中湖ワカサギ 7本仕掛(狐タイプ)」は、ワカサギ釣りで人気が高い山中湖向けに作られた仕掛けです。針のチモトは夜光とケイムラを交互に配置しているため、高いアピール力を持ちます。山中湖以外のフィールドでも使用できますが、目立つ針を嫌がるワカサギには不向きです。

11ささめ針ささめ針 ワカサギ 速返し6本鈎

206 206円

★★★☆☆3.3
食わせやすさ 3.0取り回しの良さ 4.0汎用性の高さ 3.0

短い仕掛けで手返しアップに貢献する

「ささめ針 ワカサギ 速返し6本鈎」は、全長76センチの短い6本針仕掛けです。幅広いレンジの探りには不利ですが、狙いのタナが定まった状況下では数釣りに貢献します。ワカサギ釣りの釣果アップを狙っているアングラーにおすすめです。

12オーナーばりオーナーばり 投ワカサギフロート10本鈎

440 440円

★★☆☆☆2.7
食わせやすさ 3.0取り回しの良さ 3.0汎用性の高さ 2.0

仕掛けを投げてワカサギを狙う釣り向き

「オーナーばり 投ワカサギフロート10本鈎」は、軽い力で投げられるワカサギ仕掛けです。幹糸が太く、投げてもラインが切れにくい2号を採用しています。船や氷上でのワカサギ釣りでは食い込みにくいため、投げ釣りでのみ使用しましょう。

ワカサギ仕掛けの結び方

高強度で結びやすいクリンチノットがおすすめ

ワカサギ仕掛けとラインのおすすめな結び方が「クリンチノット」です。クリンチノットは初心者でも強度が高く結べるので、ワカサギ仕掛けがちぎれる心配がありません。

まずは、ラインをヨリモドシの輪に通し、折り返した先端をラインに5~6回巻きつけましょう。次に、再びヨリモドシとラインの輪に通してから余分なラインを切って完成です。

ワカサギ仕掛けの収納方法

ワカサギ仕掛け用の収納ケースを使う

ナカジマ マグネットリグウォレット

ワカサギ仕掛けを綺麗に収納したい方には、ワカサギ仕掛け向けの収納ケースがおすすめ。ワカサギ仕掛けが綺麗にサッとしまえるよう作られているので、使い勝手がいいです。収納ケースは1,000円前後で購入できるため、大きな出費にはなりません。

ワカサギ仕掛けは自作できる?

ワカサギ仕掛けは自作できる

ワカサギ仕掛けはラインやハリ、スナップなどを組み合わせることで自作できます。詳しい作り方は動画やブログ等で紹介されているので、気になる方は検索してみてください。

ワカサギ仕掛けを自作する最大のメリットは、出費を抑えられる点です。ワカサギ仕掛けのほとんどは300円〜500円と、ルアーに比べて少し値段が高め。自作の仕掛けであれば安い材料費だけで大量に作れるため、コスパが良いです。また、自分の好きなように針の数やサイズを調整できるのも魅力です。

一方デメリットとして、作成に時間がかかる点が挙げられます。人によってはワカサギ仕掛け1つに対して数十分かかるので、手間がかかり面倒です。さらに、細かい作業が求められ、不器用な人には向きません。

まとめ

今回は、おすすめなワカサギ仕掛けをランキング形式で紹介しました。ワカサギ用の仕掛けは、状況により適した針数やサイズが違います。記事を参考に、いくつかの仕掛けを用意してワカサギを釣りましょう。

本記事は販売元公式サイト、Amazon、楽天市場など販売店の売れ筋、口コミ、アンケート、価格情報、検証情報を参考とし、Kaubelが独自に順位付けを行っています。
本記事の内容やランキング順位はメーカーからの商品提供、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。意図的なランキング操作を目的とした交渉は固くお断りしております。
本記事内の商品は各ECサイトが提供するAPIを使用し価格やリンクを自動生成しております。取得後に価格変動があった場合等、本記事と情報とは異なることがありますため、最新の商品価格・詳細情報については、販売店やメーカーをご確認ください。