著者

加賀 記事一覧

育児・子育てライター

ベビー用品関連企業に勤務する一児のパパ。メーカーとの繋がりを活かし、新米パパママにも各社の違いや商品特性がわかりやすく伝わるよう心がけています。文学部出身で趣味は読書。文章で人の役に立てるようさまざまな分野のライターとして活動中。

KaubelはAmazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、バリューコマース アフィリエイトを始めとする各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がKaubelに還元されることがあります。

ベビーヘルメット(ヘッドガード)とは

乳幼児期に頭を守るためのヘルメット

キッズミオベビーヘルメットを被った子どもが踏み台に手をかけた様子
参照元: https://www.amazon.co.jp/

ベビーヘルメットは乳幼児期に頭を守るためのヘルメットです。自分で立ったり歩いたりできない赤ちゃんから歩き始めの幼児にかけて、発育の過程で頭を保護するために使用します。

乳幼児期の子どもは、頭の比重が高いだけでなく頭を支える筋力も未発達。何気ない動作でも頭部をぶつけたり転んでしまう可能性があるため、安全性を確保するために便利なベビーグッズです。

ベビーヘルメットおすすめ商品比較表

商品名 リンク 最安価格 ポイント 安全性 軽さ 通気性 洗いやすさ
1ケラッタ ibul ごっつん防止ヘルメット ケラッタケラッタ ibul ごっつん防止ヘルメット 1,480 使い心地と安全性を両立 4.0/5.0 5.0/5.0 4.0/5.0 4.5/5.0
2アンドココ ヘッドガード うさぎ パープル アンドココアンドココ ヘッドガード うさぎ パープル 900 うさぎの耳がかわいいベビーヘルメット 4.0/5.0 4.5/5.0 4.5/5.0 4.5/5.0
3Thudguard ハイハイヨチヨチ専用ヘルメット ILA001 ThudguardThudguard ハイハイヨチヨチ専用ヘルメット ILA001 7,318 国際基準の高い安全性が特徴 5.0/5.0 4.0/5.0 4.0/5.0 4.0/5.0
4BabyGoo 赤ちゃん ヘルメット ヘッドガード BabyGooBabyGoo 赤ちゃん ヘルメット ヘッドガード 1,280 全面メッシュで通気性の良さが魅力 4.0/5.0 4.0/5.0 5.0/5.0 4.0/5.0
5angerolux クラウン ベビー ヘルメット angeroluxangerolux クラウン ベビー ヘルメット 4,545 高品質な日本製でプレゼントにもぴったり 4.5/5.0 4.0/5.0 4.0/5.0 4.0/5.0
6L. 可愛いすぎる転倒防止リュック ハチさん L.L. 可愛いすぎる転倒防止リュック ハチさん 1,898 リュック型で背中も守れる 3.0/5.0 3.0/5.0 5.0/5.0 5.0/5.0

メリットは子どもの頭を危険から守る点

寝転がって泣いている赤ちゃん
参照元: https://pixabay.com/

ベビーヘルメットは、子どもの成長に応じて生まれる危険から優しく守ってくれるのがメリット。乳児期の頭部は柔らかく骨も不完全なので、ちょっとした衝撃であっても、子どもにとっては大きなダメージになる場合があります。

また、一般的なスポーツヘルメットと違い、室内用ベビーヘルメットはデザイン性も考慮された商品が多くあります。そのため可愛く着飾れるのも嬉しいポイントです。

デメリットは頭が蒸れてしまう点

寝ながら笑っている赤ちゃん
参照元: https://www.photo-ac.com/

子どもの頭を守ってくれるベビーヘルメットは、常に頭部が覆われている状態です。そのため、夏場は汗をかきやすく頭部が蒸れて肌トラブルの原因になる場合も。

また、子どもの成長スピードは速く頭のサイズも急速に変わっていくため、成長とともに頻繁にサイズ変更が必要です。そのため、ベビーヘルメットを選ぶ際は、通気性の良い製品やサイズ調整ができる製品を選びましょう。

ベビーヘルメットの選び方

ヘルメットタイプは頭全体を守れる

ベビーヘルメット
参照元: https://www.amazon.co.jp/

ヘルメットタイプは、頭全体を守れるのが魅力。どの方向に転倒しても、しっかり頭をガードします。頭が蒸れやすいのはデメリットですが、メッシュ素材で通気性の良い商品も多く販売しているので、チェックしてみてください。

転倒防止クッションは背中を守れる

転倒防止クッション
参照元: https://www.amazon.co.jp/

リュックタイプのヘッドガードは「転倒防止クッション」とも呼ばれる人気のアイテム。後頭部と背中の広範囲を守るのが特徴です。また、メリットは、ヘルメットタイプとは異なり、頭が蒸れにくい点。しかし、前方のガードはできないのはデメリットでしょう。

寝返り時期は42cm〜44cmサイズ

寝返り時期の頭ごっつんを防止したい場合は、42cm〜44cmに適合したヘルメットを選びましょう。寝返り時期以降もベビーヘルメットの使用シーンが多くなるので、長く使えるサイズを選ぶのがおすすめです。

お座りからひとり歩き時期は44cm〜46cmサイズ

お座り時期〜ひとり歩き時期に使用したい場合は、44cm〜46cmに適合した商品を選びましょう。1人で動けるようになり始める時期で転倒しやすいため、使用する機会が多いです。適切なサイズを選んで、赤ちゃんの頭を守ってあげてくださいね。

走り始める時期は46cm〜50cmサイズ

1歳を過ぎるとひとり歩きに慣れてきて、走り始めるため転びやすい時期です。サイズは46cm〜50cmに適合した商品がおすすめ。ベビーヘルメットを使えば、転んだときの頭への衝撃を吸収してくれますよ。

子どもの年齢に応じた標準的な頭囲

月齢・年齢 サイズ
新生児〜3カ月 36cm〜42cm
3カ月〜6カ月 42cm〜44cm
6カ月〜1歳 44cm〜46cm
1歳〜2歳 46cm〜50cm

子どもの負担を抑える軽いベビーヘルメットを選ぶ

超軽量なベビーヘルメット
参照元: https://www.amazon.co.jp/

軽いベビーヘルメットは、頭が重くならず子どもが動くときの妨げになりません。子どもの月齢に対してあまりにも重すぎると、頭を支えられない心配があります。また、付けるのを嫌がる可能性もあるので、重さを確認するのも重要なポイント。

しかし、ある程度の重さのあるヘルメットなら、クッション材をより多く使っているため衝撃吸収力は高く、軽量であれば良いわけではありません。一般的に室内用のベビーヘルメットは100g前後で、全体的に軽い商品が多いです。

通気性や吸水性の良いコットンやメッシュがおすすめ

通気性に優れたベビーヘルメット
参照元: https://www.amazon.co.jp/

ベビーヘルメットのデメリットである、蒸れて汗をかきやすい点を補ってくれるのが、通気性や吸水性に優れた素材です。コットン製のベビーヘルメットは、通気性と吸水性に優れるため、汗っかきの子どもでも快適に使えます。コットンの中でもガーゼは、より通気性を高め肌触りも柔らかく、かぶれをはじめとした肌トラブルが心配な子どもにはおすすめですよ。

また、頭と接する面にはポリエステル素材のメッシュ地を採用しているタイプもあります。コットンに比べると吸水性には劣りますが、通気性は高いので汗をかきにくく、暑い季節にはぴったりです。

ベビーヘルメットのおすすめブランド2選

ケラッタ

高品質低価格が魅力のベビー用品メーカー

フィンランド語で集めたり蓄積したりする意味をもつkerataがメーカー名の由来。子育てに寄り添う製品を作るために、ママパパの声を集めて製品作りに活かしたいという思いが込められています。

ケラッタ製のベビー用品は、常にママパパ目線で作られた品質の高さが魅力。ベビーヘルメットにおいても、子どもの付け心地よさはもちろん、ママパパが安心できる製品を作っています。また、オンラインをメインに販売しているため、低価格を実現している点もケラッタのおすすめポイントです。

アンドココ

ベビーヘルメットを中心としたベビー用品を販売

アンドココは、動物をモチーフにしたベビーヘルメットを販売しているベビー用品ブランドです。ほかにも、スタイやお食事エプロン、ドア用チャイルドロックといった、ベビー用品を販売しています。見た目のかわいさと機能性に優れている魅力な商品がそろっているブランドです。

ベビーヘルメットのおすすめ人気ランキング6選

1ケラッタケラッタ ibul ごっつん防止ヘルメット

1,480

★★★★☆4.4
安全性 4.0軽さ 5.0通気性 4.0洗いやすさ 4.5

使い心地と安全性を両立

ケラッタのベビーヘルメットは、適合サイズ42cm~50cmの室内用商品。頭に接する内側にはメッシュ生地を採用し、厚さ2cmのクッションでしっかりガード。あご紐部分と本体に使われているイブルガーゼと呼ばれる独自のガーゼは、手洗いするたびに柔らかくなじみ、子どもの頭に合わせてフィットしていきます。

クッション材には衝撃吸収性と軽量性に優れたポリウレタンを採用し、他社製と比べても軽い65gを実現。ホルムアルデヒド検査にも合格しており、安全性と快適性を両立しています。好みに合わせて5つのデザインから選べるのも魅力です。

2アンドココアンドココ ヘッドガード うさぎ パープル

900

★★★★☆4.4
安全性 4.0軽さ 4.5通気性 4.5洗いやすさ 4.5

うさぎの耳がかわいいベビーヘルメット

うさ耳がかわいいベビーヘルメット。頭回りとあごひもは長さ調節が可能で、37cm〜50cmに調節可能です。6カ月頃〜5歳頃まで使えるので、長い期間活躍するでしょう。

また、見た目だけでなく、機能性にも優れているのも魅力。重さは70gと軽量で、赤ちゃんの頭に装着しても疲れにくいほか、持ち運びの邪魔にもなりにくいです。

加えて、素材はコットン100%で赤ちゃんのデリケートな肌にもやさしく、吸収性にも優れています。内部はメッシュ素材のため、通気性が良く蒸れづらいのも嬉しいポイント。

3ThudguardThudguard ハイハイヨチヨチ専用ヘルメット ILA001

7,318

★★★★☆4.3
安全性 5.0軽さ 4.0通気性 4.0洗いやすさ 4.0

国際基準の高い安全性が特徴

Thudguardのベビーヘルメットは、適合サイズ40cm~50cmの7カ月頃から使える室内用商品。CEマークはもちろん、イギリスの身体保護用具に関する安全基準DTI PPE Category II (89/686/EEC)や、燃焼性試験や抗菌性試験を検査するSGS試験(BSEN71 / 2 & 3)にも準拠しているイギリスブランドの商品。

世界45か国で30万個以上の販売実績があり、世界中のベビーを頭ごっつんから守ってきたベビーヘルメットです。また、重さは95gと軽量で、4枚のパーツが頭の形状に合わせてフィットするので付け心地が良いのも嬉しいポイント。360度しっかりとカバーするので、安全性を重視するママパパにもおすすめです。頭をすっぽりとガードできますが、全体にたくさんの通気口が空いているので、快適性も確保できますよ。

4BabyGooBabyGoo 赤ちゃん ヘルメット ヘッドガード

1,280

★★★★☆4.3
安全性 4.0軽さ 4.0通気性 5.0洗いやすさ 4.0

全面メッシュで通気性の良さが魅力

BabyGooのベビーヘルメットは、対応サイズ42cm~60cmの室内用商品。小児科医と共同開発した信頼度の高さが特徴です。中心部に高密度軟質ウレタンフォームを採用し、第三者機関による衝撃吸収試験を重ね、従来型製品に比べて2倍以上の衝撃吸収性を実現しています。

肌に触れる部分は全面メッシュで蒸れにくく、サイズを調整するマジックテープは肌に刺激の少ないタイプを採用。ホルムアルデヒド検査にも合格しており、デリケートな肌の子どもでも安心です。

実用性重視のデザインで、おしゃれを楽しみたい人には物足りなさも感じますが、価格は1,500円前後に抑えられているので普段使いにぴったりです。

5angeroluxangerolux クラウン ベビー ヘルメット

4,545

★★★★☆4.1
安全性 4.5軽さ 4.0通気性 4.0洗いやすさ 4.0

高品質な日本製でプレゼントにもぴったり

angeroluxのベビーヘルメットは、適合サイズ40cm~50cmの7カ月頃から使える室内用商品。王冠型の本体はすべて多重織りのガーゼを採用し、頭頂部には隙間があるので吸水性も通気性も抜群。ふっくらとしたデザインは衝撃吸収力と可愛らしさを兼ね備えています。

あご紐は面ファスナーで調整できて伸縮性がある素材なので、適合サイズも広く長く使えます。ベビーヘルメットは海外製の商品が多いため、日本製で高品質な点も魅力で、プレゼントにもぴったりです。

分厚く衝撃吸収力に優れますが、頭頂部には軽量ウレタンを採用しており、全体の重量は100gと平均的な軽さを実現しています。安全性を重視しているママパパはもちろん、子どもにもうれしい製品です。

6L.L. 可愛いすぎる転倒防止リュック ハチさん

1,898

★★★★☆4.0
安全性 3.0軽さ 3.0通気性 5.0洗いやすさ 5.0

リュック型で背中も守れる

ハチのデザインがかわいいリュック型ヘッドガード。厚さ4.5cmあるクッションが、赤ちゃんの後頭部と背中を守ります。メッシュ素材のため、背中や頭が蒸れにくい通気性の良さも魅力です。

また、肩ベルトは長さ調節可能で、6カ月頃〜2歳頃まで使用できます。重さは160gと軽く、赤ちゃんが背負っても負担に感じません。

加えて、洗濯機で丸洗いできるのも嬉しいポイント。汚れてもすぐに洗濯できるので、清潔を保ちやすいですよ。

まとめ

今回は、ベビーヘルメットの選び方とおすすめ人気ランキングを紹介しました。乳幼児の頭部を守ってくれるベビーヘルメットは、通気性の良い素材や軽い商品がおすすめです。子どもが快適に使えるベビーヘルメットを選んで、思いっきり遊ばせてあげましょう!

そのほかにも、子どもが安全に過ごすためのサポートグッズはさまざまあります。ベビーヘルメットのようにまだまだ世に浸透していないアイテムもあったりするので、ぜひチェックしてみてくださいね。

本記事は販売元公式サイト、Amazon、楽天市場など販売店の売れ筋、口コミ、アンケート、価格情報、検証情報を参考とし、Kaubelが独自に順位付けを行っています。
本記事の内容やランキング順位はメーカーからの商品提供、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。意図的なランキング操作を目的とした交渉は固くお断りしております。
本記事内の商品は各ECサイトが提供するAPIを使用し価格やリンクを自動生成しております。取得後に価格変動があった場合等、本記事と情報とは異なることがありますため、最新の商品価格・詳細情報については、販売店やメーカーをご確認ください。