著者

遠藤 慧子 記事一覧

Kaubel編集部釣り・ゲームガジェットライター

アウトドアはスキーを嗜んでいます。趣味は読書や舞台鑑賞、お茶やゲームなど。キャンプと釣りは新商品や動画をよく漁っています。最近はスキューバダイビングとライン下りに興味あり。「分かりやすい文章」をモットーに丁寧な記事作成を心掛けています。

KaubelはAmazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、バリューコマース アフィリエイトを始めとする各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がKaubelに還元されることがあります。

あんスタでタブレットを使用するメリット

メリット
参照元: https://o-dan.net/ja/

大きな画面でMVを鑑賞できる

スマホより画面サイズが大きいタブレットは、あんスタの綺麗なMVが細かいところまではっきり見えます。大画面で見る迫力ある推しのダンスや表情に興奮すること間違い無し。また、YouTubeやTikTokといった映像コンテンツの視聴のほか、SNSやあんスタ以外のゲームにも使用可能です。

ノーツが押しやすくハイスコアを狙える

あんスタを始めとしたほとんどの音ゲーは画面サイズに合わせてノーツが大きくなり、タブレットでプレイするとタッチ判定の幅が広くなります。ノーツの落下場所を見分けられやすくなるほか、雑に押してもタッチ判定が認められるため、高難易度譜面攻略とハイスコア狙いが楽です。イベントでハイスコアを出したい方におすすめ。

あんスタ向けタブレットの選び方

タブレットとスマホとイヤホン
参照元: https://www.photo-ac.com

高性能で安定した動作のiPadがおすすめ

Appleが販売しているタブレット「iPad」は、iPad(無印)・mini・Air・Proの4種類から選べます。iPadはAndroidタブレットより高額なものの、同じ価格帯のAndroidタブレットより性能が高いです。

また、iPadでもiPhoneでもAppleはOSのサポートが長く、販売から5年は最新OSをサポートしてくれます。最低でも5年は動作が安定しているので、型落ちiPadでもスムーズにゲームを動かせるでしょう。

あんスタはiPhone8以降の機種で動作するので、iPadを選ぶ場合はiPhone8より高性能なスペックを持つiPad 第5世代以降の端末がおすすめです。原神やプロセカもプレイしている方はよりスペックが高い、iPad (第7世代)以降、iPad mini (第6世代)、iPad Air (第5世代)、iPad Pro (第6世代)から選びましょう。

コスパ重視の人はAndroidタブレットを選ぶ

あんスタ用にAndroidタブレットを用意する場合、 Snapdragon 855 相当以上、メモリー(RAM)4GB 以上のスペックを持つ端末から選びます。最低でも Android7.0に対応している機種が必要です。あんスタが動くAndroidタブレットは5万円台で購入できるので10万円近くするiPadより安いですが、選び方が複雑でOSサポートが短い点に注意しましょう。

ストレージ容量64GB以上の機種を選ぶ

64GB以上のストレージ容量を持つタブレットだとあんスタ以外のアプリゲームもダウンロードできます。32GBの方が安いので予算を抑えられますが、OSやアプリのアップデートを考えると非常に使いづらいです。

画面サイズが10〜11インチの機種を選ぶ

リズムゲームであるあんスタ Musicは、10〜11インチの指が動かしやすいタブレットがおすすめです。10インチ以下のサイズが小さめなタブレットは持ち運びに優れているものの、ノーツをタップしづらいです。ただし、人によって手の大きさが違うので、店頭で実物を触ってから購入を決めるのもいいでしょう。

あんスタ向けタブレットのおすすめメーカー3選

Apple

Appleは、iPhoneやiPad、Apple WatchやMacBookといった製品を数多く販売している世界的に有名なメーカー。ノートPC「MacBook」やスマートフォン「iPhone」に独自のOSを採用しており、リンゴマークが目立つシンプルなデザインと感覚的に動かせるところが特徴です。10万円超えの高額かつ高性能なモデルから5〜6万円程度の安いモデルまで展開しているため、自分の希望に合う機種を見つけられます。

シャオミ

スマホや家電などを販売している中国メーカーであるシャオミ(Xiaomi)。コスパが非常に良く、他社と同程度のスペックのスマートフォンやタブレットでもシャオミの方が値段が安いです。中国メーカーに抵抗がない、とにかく予算を抑えたいという方におすすめ。

サムスン

スマートフォン「Galaxy(ギャラクシー)」で有名な韓国の総合電子機器メーカー、サムスン(Samsung)。スマートフォンやタブレットのほか、Galaxyと連動するスマートウォッチも展開しています。最近では折りたためるスマホで話題になりました。折りたたみスマホやマルチタスクができる画面分割「マルチウィンドウ」といったサムスンの独自技術も魅力です。

あんスタ向けタブレットの比較表

商品名 リンク 最安価格
Apple 12.9インチiPad Pro 第6世代 AppleApple 12.9インチiPad Pro 第6世代 184,986
Apple iPad Air (第5世代)  64GB AppleApple iPad Air (第5世代) 64GB 92,799
Apple iPad (第10世代) MPQ23J/A AppleApple iPad (第10世代) MPQ23J/A 68,799
サムスン Galaxy Tab S9 + サムスンサムスン Galaxy Tab S9 + 162,600
サムスン Galaxy Tab S6 Lite 128GB サムスンサムスン Galaxy Tab S6 Lite 128GB 52,274
シャオミ Pad 6 シャオミシャオミ Pad 6 49,800

あんスタ向けタブレットのおすすめ6選

ハイクラスのスペックを持つiPad

良い点
iPadシリーズでトップクラスの性能を有する
最高画質でゲームが遊べる
カメラもスピーカーも高性能

悪い点
12.9インチと大きく持ち運びに向かない
約18万円と値段が高い

原神を高画質でプレイできる性能を持つ

良い点
iPad Proに負けないスペック
値段が10万円を切っている
重いゲームで有名な原神を高画質で遊べる

悪い点
Androidタブレットに比べると高い
iPad Proよりカメラ性能が低い

iPad Air (第5世代)より安い高コスパなiPad

良い点
6万円台で購入できる
10.9インチと持ち運びしやすい

悪い点
Apple Pencil2が使えない
iPad ProとiPad Airより処理速度が遅い

iPad Proに近い性能を持つAndroidタブレット

良い点
iPad Proに近い性能
ストレージ容量とメモリが大きく処理速度が速い

悪い点
約16万円と値段が高い
12.9インチと大きく出先で遊びづらい
約700gと重い

コスパが良く5万円台で購入できる

良い点
5万円台で購入できてコスパが高い
顔認証対応でロック解除が楽

悪い点
動画視聴やゲームプレイ中に発熱しやすい

性能と価格のバランスが良い

良い点
4〜5万円台で購入できてコスパが高い
144Hzリフレッシュレートを持つ
高速充電に対応している

悪い点
SDカードが使えない
Wi-Fiモデルしかない

まとめ

今回は、あんスタ向けのおすすめなタブレットを紹介しました。あんスタは原神やプロセカに比べて推奨スペックが低いので、性能が少し低いタブレットでも動きます。5〜6万円の予算で十分なタブレットが用意できるため、あんスタ専用として使うか、ほかのゲームにも使うかなどを考えて希望に合う機種を見つけましょう。

また、カウベルでは、音ゲー向けタブレットや音ゲー向け指サックもまとめています。リズムゲームが好きな方はぜひ参考にしてください!

本記事は販売元公式サイト、Amazon、楽天市場など販売店の売れ筋、口コミ、アンケート、価格情報、検証情報を参考とし、Kaubelが独自に順位付けを行っています。
本記事の内容やランキング順位はメーカーからの商品提供、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。意図的なランキング操作を目的とした交渉は固くお断りしております。
本記事内の商品は各ECサイトが提供するAPIを使用し価格やリンクを自動生成しております。取得後に価格変動があった場合等、本記事と情報とは異なることがありますため、最新の商品価格・詳細情報については、販売店やメーカーをご確認ください。