著者

遠藤 慧子 記事一覧

Kaubel編集部釣り・ゲームガジェットライター

アウトドアはスキーを嗜んでいます。趣味は読書や舞台鑑賞、お茶やゲームなど。キャンプと釣りは新商品や動画をよく漁っています。最近はスキューバダイビングとライン下りに興味あり。「分かりやすい文章」をモットーに丁寧な記事作成を心掛けています。

KaubelはAmazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、バリューコマース アフィリエイトを始めとする各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がKaubelに還元されることがあります。

あんスタ向けスマホの選び方

スマホを持つ人
参照元: https://www.photo-ac.com

性能と安定性重視の人はiPhoneがおすすめ

iPhoneの必要スペック
対応機種 iPhone 8 以降(iOS 11 以降)
推奨端末 iPhone XS, iPhone XR 以降

メモリやストレージ容量といったスマホの知識がない方はiPhoneがおすすめです。あんスタ Music公式から対応機種はiPhone 8以降、推奨端末はiPhone XSやiPhone XR以降と機種名で発表されているため、スマホの知識がなくても選べます。

また、iPhoneは高性能で動きが安定しているのも魅力です。Androidスマホより公式サポートが長く、発売から6年間はiosをきちんとアップデートできる安心感があります。

安い端末が欲しい人はAndroidスマホを選ぶ

Androidの必要スペック
対応機種 Android 5.0 以降(Android 7.0 以降推奨)、OpenGL ES3 以上
推奨端末 Snapdragon 855 相当以上、メモリー(RAM)4GB 以上

Androidスマホは販売しているメーカーが多く種類が豊富で、5〜6万円とiPhoneより安い値段であんスタが遊べる端末が手に入ります。予算を抑えられるため、スマホになるべくお金をかけたくない人におすすめです。

なお、AndroidスマホにiPhone並みの性能を求めるとiPhoneと同じように10万円近くかかります。ゲームに特化した性能を持つ高額なゲーミングスマホも存在しますが、あんスタをプレイするだけであればそこまでの性能は必要ありません。

ストレージ容量64GB以上の機種を選ぶ

あんスタ Musicの容量は10GB〜20GBなので、ストレージ容量が最低64GBのスマホを選びましょう。64GBあるとアップデートの対応はもちろん、写真や音楽、スマホゲームによっては複数個ダウンロードできます。

ただし、プロセカや原神、崩壊スターレイルなど3DCGを使用している重いゲームも遊んでいる方は要注意です。容量が20GB以上あるので、ストレージ容量128GB以上のスマホを用意したりあんスタのキャッシュを消したりしましょう。

スコアガチ勢やMV重視の人は画面が大きいモデルを選ぶ

6インチ以上のスマホは画面が大きく見やすいため、スコアガチ勢やMVをめいっぱい楽しみたい人におすすめです。ノーツが大大きく見えるのでタップ範囲が広くなるほか、キャラクターを大きくはっきり鑑賞できます。

ただし、サイズが大きいスマホは200g以上と重い傾向があり、片手での操作が難しいです。小さいバッグやポケットに入らない場合もあります。

あんスタ向けスマホのおすすめメーカー3選

Apple

スマートフォン「iPhoneシリーズ」で世界的に有名なApple。PCと同等の性能を持ちながら値段を6〜7万円に抑えたコンパクトなiPhone SE、超高性能でカメラ性能が優れたiPhone Proなど多種多様な端末を取り扱っています。直感的に操作できるので、スマホの扱いに自信がない人におすすめです。

Samsung

Samsung(サムスン)は韓国生まれのメーカーで、スマホやタブレットなどの電子機器を販売しています。10万円ほど出すとあんスタをサクサクと動かせ、高性能なカメラを持つスマホを入手可能です。15万円以上出せると高画質で原神を楽しめる機種も購入できます。

ASUS

ASUSは、手頃な値段のスマホやタブレットを取り扱っているメーカーです。10万円以下で性能に優れたAndroidスマホが欲しいという人におすすめ。予算が10万円以上あるとゲーミングスマホ「ROG Phoneシリーズ」が購入できるため、あんスタ以外に原神やプロセカといった重いゲームを複数遊んでいる人は候補に入ります。

あんスタ向けスマホの比較表

商品名 リンク 最安価格
Apple iPhone SE(第3世代)128GB AppleApple iPhone SE(第3世代)128GB 69,800
Apple iPhone 14 128GB AppleApple iPhone 14 128GB 113,939
Apple iPhone 15 Pro 256GB AppleApple iPhone 15 Pro 256GB 174,800
Samsung Galaxy S20 サムスンSamsung Galaxy S20 79,448円 62,800
ASUS Zenfone 9 ASUSASUS Zenfone 9 89,800
Xiaomi 11T Pro 128GB XiaomiXiaomi 11T Pro 128GB 70,800

あんスタ向けスマホのおすすめ6選

チップ A15 Bionic メモリ 4GB
画面サイズ 4.7インチ 重さ 144g

6万円台とリーズナブルなiPhone

良い点
4.7インチとサイズが小さく軽くてコンパクト
ホームボタンがあり指紋認証が使える
7万円以下で購入できるリーズナブルなiPhone

悪い点
MagSafe充電が使えない
イヤホンジャックがない
カメラ性能が低い

チップ A15 Bionic メモリ 6GB
画面サイズ 6.1インチ 重さ 172g

地味ながら堅実な進化を遂げたiPhone

良い点
カラーバリエーションが5種類と豊富
強力な手ぶれ補正あり!激しい動きも撮れる
約170gとproシリーズより軽く手が疲れにくい

悪い点
120Hzには対応していない
値段が12万円と高い割に性能の進化が地味

チップ A17 Pro メモリ 8GB
画面サイズ 6.1インチ 重さ 187g

iPhoneシリーズでトップクラスの性能を持つ

良い点
念願のUSB-Cに対応!
iPhone14 Proよりバッテリー持ちがいい
120Hzに対応

悪い点
15万円以上と値段が高くコスパが悪い
ゲームをしない人やカメラ性能を求めていない人にはオーバースペック

チップ Snapdragon 888 メモリ 8GB
画面サイズ 6.67インチ 重さ 204g

コスパがいい高性能なAndroidスマホ

良い点
高リフレッシュレート!120Hzに対応
急速充電に対応
7万円台とコスパが良いい

悪い点
6.67インチかつ200g以上と片手で操作できず重い
イヤホンジャックがない
ワイヤレス充電に対応していない

チップ Snapdragon 865 メモリ 12GB
画面サイズ 6.2インチ 重さ 163g

カメラ性能に優れたハイエンドスマホ

良い点
指紋認証と顔認証に対応
リフレッシュレート120Hzに対応
カメラが高性能!30倍ズームと8K撮影に対応

悪い点
縦長サイズで片手での操作が難しい
イヤホンジャックがない

チップ Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 メモリ 8GB
画面サイズ 5.9インチ 重さ 169g

イヤホンジャックが搭載されている

良い点
リフレッシュレート120Hzに対応
バッテリー持ちがいい!安心して1日使える
放熱性能が高く端末が熱くなりにくい
イヤホンジャック搭載

悪い点
ワイヤレス充電に非対応
SDカードスロットの搭載なし!MicroSDカードが使えない

まとめ

今回は、あんスタにおすすめなスマホを紹介しました。あんスタ Musicは3DCGで歌い踊るキャラクターが魅力のリズムゲームです。高画質でもサクサク動く高性能なスマホが欲しい人はiPhone Proシリーズ、コスパ重視で予算を抑えたい人はAndroidスマホを選びましょう。

またカウベルでは、あんスタや音ゲー向けタブレットのほか、音ゲー向け指サックもまとめています。リズムゲームが好きな人はぜひ参考にしてください!

本記事は販売元公式サイト、Amazon、楽天市場など販売店の売れ筋、口コミ、アンケート、価格情報、検証情報を参考とし、Kaubelが独自に順位付けを行っています。
本記事の内容やランキング順位はメーカーからの商品提供、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。意図的なランキング操作を目的とした交渉は固くお断りしております。
本記事内の商品は各ECサイトが提供するAPIを使用し価格やリンクを自動生成しております。取得後に価格変動があった場合等、本記事と情報とは異なることがありますため、最新の商品価格・詳細情報については、販売店やメーカーをご確認ください。