著者

藤田 結可 記事一覧

Kaubel編集部キッチン・家電ライター

料理と音楽が好きなキッチン・家電ライターです。最近はコーヒーのハンドドリップに熱中しています。最新家電や便利な調理器具の気になるポイントをとことん調べて、厳選したおすすめアイテムをご紹介します!

KaubelはAmazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、バリューコマース アフィリエイトを始めとする各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がKaubelに還元されることがあります。

折りたたみスーツケースのメリット

小さく畳んだ折りたたみスーツケース
参照元: https://www.amazon.co.jp/

使わないときコンパクトに収納できる

折りたたみスーツケースの最大のメリットは、使わない間コンパクトに収納しておける点です。スーツケースの奥行は35〜40cmほどが一般的ですが、折りたたみ式なら10cm前後まで狭められて、クローゼットや棚にすっきり片付けられますよ。

お土産が増えたときのサブバッグとしても使える

コンパクトな折りたたみスーツケースは、旅先でのサブバッグとしても活躍します。お土産をたくさん買ったときも便利なので、メインのスーツケースに入れて持っていくのもおすすめ。

折りたたみスーツケースの選び方

容量で選ぶ

宿泊数に合ったサイズをチェック

宿泊数 容量の目安
日帰り、1泊 20〜30L
2〜3泊 31〜40L
4〜6泊 41〜60L
1週間以上 60L以上

スーツケースの容量は「宿泊数×10L」が目安と言われています。旅行先でお土産をたくさん買いたい方は、プラス10Lほど大きいサイズを選ぶと良いでしょう。

サイズ選びについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

ハードかソフトかで選ぶ

スーツケースの種類は、ハードタイプとソフトタイプの2つに分かれます。ハードタイプは耐久性の高さ、ソフトタイプは軽量さが特徴。種類ごとのメリットとデメリットをチェックして、用途に合ったアイテムを選びましょう。

種類 メリット デメリット
ハード 耐久性に優れる
防水性が高い
重量がやや重い
傷が目立ちやすい
ソフト 軽量で扱いやすい
柔軟性が高い
防水性が低い
衝撃が荷物に伝わりやすい

ハードタイプは耐久性が高く雨でも安心

ハードタイプの折りたたみスーツケース
参照元: https://www.amazon.co.jp/

ハードタイプのスーツケースは、プラスチックや金属など、硬い素材を使用しています。移動中にぶつけても荷物へ衝撃が伝わりにくいのがメリット。

また、防水性にも優れていて、急な雨が降っても荷物まで濡れる心配がありません。一方、ソフトタイプに比べて本体が重いため、取り回しの良さは劣ります。

ソフトタイプは軽量で小さく畳める

ソフトタイプの折りたたみスーツケース
参照元: https://www.amazon.co.jp/

ソフトタイプのスーツケースは、主にナイロンやポリエステルの布を使用しています。軽量で扱いやすいのが特徴で、柔軟性もあるため、荷物が増えたときに多少無理をして詰め込めますよ。

ソフトタイプの折りたたみスーツケースは、ぺたんこにできる商品もあるので、サブバッグとして大きいスーツケースの中に入れて持っていきたい方におすすめです。

一方、防水加工が施されていない場合、雨が降ったときに中身まで濡れる可能性があるのは注意ポイント。また、割れ物を入れる際は必ず緩衝材で梱包しておきましょう。

折りたたみ時のサイズで選ぶ

厚みを10cm前後まで薄くできる商品が主流

折りたたみスーツケースの通常時とたたみ時
参照元: https://www.amazon.co.jp/

スーツケースをなるべくコンパクトに収納したい方は、折りたたみ時の厚さ(=奥行)をチェックしましょう。本記事では、厚さを8〜12cm程度までコンパクトにできる商品を中心に紹介しています。

また、厚さをわずか6.5cmまで縮小できるアイテムもあるので、収納場所のスペースに合わせて選んでください。

車輪の数で選ぶ

2輪は安定感がありグラつかずに走行できる

2輪タイプの折りたたみスーツケース
参照元: https://www.amazon.co.jp/

2輪タイプのスーツケースは、本体を斜めに倒して引きながら走行します。キャスターの方向が固定されているため安定感があり、でこぼこ道でもグラつかないのが特徴。

一方、横移動やキャリーを押しての走行ができず、狭い道で使いにくいのはマイナスポイントです。

4輪は自在に動かせて人混みでも使いやすい

4輪タイプのキャリーケース
参照元: https://www.amazon.co.jp

4輪タイプのスーツケースは、引くだけでなく押して走行できるのが特徴です。さまざまな方向に動かせて、人混みや狭い通路でも移動が楽ちん。

しかし、1つ1つのキャスターが小さいため回転数が多く、スーツケースを引く音が気になりやすいのはデメリット。また、自在にコロコロと動く分、2輪と比べて安定感に欠ける場合があります。

鍵のタイプで選ぶ

折りたたみスーツケースはダイヤルロック式が主流

ダイヤルロックのキャリーケース
参照元: https://www.amazon.co.jp

折りたたみスーツケースでは主に、暗証番号を使って解錠する「ダイヤルロック式」が採用されています。ダイヤルロック式なら、鍵を紛失して開けられなくなる心配がありません。

ただし、3〜4桁の数字の組み合わせで開閉するため、他人に解錠されるリスクがあるのは注意点です。ロックを掛ける際は、端のダイヤルだけ回すのではなく、すべての数字をシャッフルしましょう。

アメリカ旅行には「TSAロック」付きがおすすめ

TSAロック付きのスーツケース
参照元: https://www.photo-ac.com/

アメリカの空港では、荷物点検のために鍵を解錠したままスーツケースを預けるようアナウンスされています。しかし、「TSAロック」付きのスーツケースは空港職員が鍵を持っているため、施錠した状態で預け入れが可能です。

そのため、ハワイやグアムを含むアメリカへ旅行する方は、「TSAロック」付きのスーツケースを選ぶのがおすすめです。

鍵なしのスーツケースには貴重品を入れない

鍵なしのスーツケース
参照元: https://www.amazon.co.jp

折りたたみスーツケースの中には、鍵が付いていない商品もあります。日帰りのレジャーや、スーパーでの買い物用など、身の回りから離さない場合は鍵なしでも良いでしょう。

しかし、ホテルや空港で預けるなら、国内外問わず鍵付きが安心です。また、鍵の無いスーツケースを使用する場合、貴重品は入れないように気を付けましょう。

機内持ち込み手荷物の制限をチェック

ANAの旅客機
参照元: pixabay.com/ja/

飛行機では、座席まで持ち込める手荷物のサイズに制限があります。主要な航空会社の持ち込みルールをまとめたので、スーツケースを選ぶ際の参考にしてください。

また、本記事のランキングでは各商品のサイズと重量も記載しているので、利用する飛行機と併せてチェックしてみてください。

フルサービスキャリア(JAL、ANA)のルール

JALとANAの機内持ち込みルールを表にまとめました。100席以上か100席未満か、国内線か国際線かによって持ち込みの制限が異なるので気をつけましょう。

また、総重量はスーツケース以外の身の回り品も含めた重さなので、オーバーしないように余裕を持たせて準備すると良いですよ。

100席未満の国内線 100席以上の国内線、国際線
高さ 45cm以内 55cm以内
35cm以内 40cm以内
奥行 20cm以内 25cm以内
3辺の合計 100cm以内 115cm以内
総重量 10kg以内 10kg以内

LCC(ジェットスター、ピーチ)のルール

代表的なLCCであるジェットスター、ピーチの機内持ち込みルールを表にまとめました。LCCの最もリーズナブルなプランでは、手荷物を機内に持ち込まず航空会社へ預ける場合、追加料金が発生します。

できるだけ旅費を抑えたい方は、無料で持ち込めるサイズのスーツケースを選ぶのがおすすめですよ。

ジェットスター ピーチ
高さ 56cm以内
36cm以内
奥行 23cm以内
3辺の合計 115cm以内
総重量 7kg以内 7kg以内

おすすめ人気ランキング比較表

商品名 リンク 最安価格 タイプ 容量 折りたたみ時の厚さ 3辺の合計サイズ コンパクトさ 軽量さ 走行のしやすさ カラー展開の豊富さ 価格の安さ
1NEXTRIP スーツケース Sサイズ NEXTRIPNEXTRIP スーツケース Sサイズ 11,000円 11,000 ハード 38L 12cm 115cm 4.5/5.0 4.0/5.0 5.0/5.0 5.0/5.0 4.5/5.0
2トラベルコレクション 折りたたみキャリー TRC0410 トラベルコレクショントラベルコレクション 折りたたみキャリー TRC0410 3,190 ソフト 29L 7.5cm 93cm 5.0/5.0 5.0/5.0 3.5/5.0 4.5/5.0 5.0/5.0
3KENOU 折りたたみスーツケース KENOUKENOU 折りたたみスーツケース 11,800 ハード 35L 10cm 114cm 4.5/5.0 4.5/5.0 4.5/5.0 4.5/5.0 4.5/5.0
4SUNGRAN 折りたためるキャリーケース Sサイズ SUNGRANSUNGRAN 折りたためるキャリーケース Sサイズ 10,800 ハード 38L 12cm 119cm 4.0/5.0 4.0/5.0 5.0/5.0 5.0/5.0 4.5/5.0
5&FLAT 折りたたみキャリーケース FL14-4-00001 &FLAT&FLAT 折りたたみキャリーケース FL14-4-00001 32,780円 32,780 ハード 35L 6.5cm 115cm 5.0/5.0 4.0/5.0 5.0/5.0 5.0/5.0 3.0/5.0
6LeeDee 折り畳めるソフトキャリーケース LeeDeeLeeDee 折り畳めるソフトキャリーケース 9,980 ソフト 46L 8cm 107cm 4.5/5.0 5.0/5.0 4.0/5.0 4.0/5.0 4.5/5.0
7Rollink フォーダブル スーツケース RollinkRollink フォーダブル スーツケース 24,000 ハード 40L 11.5cm 115cm 4.0/5.0 4.5/5.0 4.0/5.0 5.0/5.0 4.5/5.0
8MORGEN SKY 折りたたみスーツケース XL07 MORGEN SKYMORGEN SKY 折りたたみスーツケース XL07 11,980 ハード 62L 10cm 130cm 3.5/5.0 5.0/5.0 4.5/5.0 4.5/5.0 4.5/5.0
9エー・エル・アイ 折りたたみ可能 スーツケース Locobox エー・エル・アイエー・エル・アイ 折りたたみ可能 スーツケース Locobox 14,850 ハード 40L 11.5cm 114cm 4.0/5.0 5.0/5.0 4.0/5.0 4.5/5.0 4.0/5.0
10ハピタス 折りたたみキャリー HAPITAS(ハピタス)ハピタス 折りたたみキャリー 3,190 ソフト 29L 7.5cm 99cm 5.0/5.0 5.0/5.0 3.5/5.0 3.0/5.0 5.0/5.0

折りたたみスーツケースのおすすめ人気ランキング10選

1NEXTRIPNEXTRIP スーツケース Sサイズ

11,000 11,000円

★★★★☆4.6
コンパクトさ 4.5軽量さ 4.0走行のしやすさ 5.0カラー展開の豊富さ 5.0価格の安さ 4.5

タイプ ハード 容量 38L
折りたたみ時の厚さ 12cm 重量 3.7kg
サイズ 55×38×22cm 3辺の合計 115cm

機能性と可愛らしさを兼ね備えた人気アイテム

2〜3泊の旅行にちょうど良い、容量38Lの折りたたみスーツケース。上下に付いたレバーを解除して折り込むだけで、簡単にコンパクトに畳めます。

また、3段階に調節できるキャリーバーや、自在に動かせる4輪キャスター、海外旅行に欠かせないTSAロック搭載など、使い勝手も抜群。グレージュやライトグリーン、サクラといったおしゃれなカラーが揃っているので、好みに合わせて選んでみてください。

2トラベルコレクショントラベルコレクション 折りたたみキャリー TRC0410

3,190

★★★★☆4.6
コンパクトさ 5.0軽量さ 5.0走行のしやすさ 3.5カラー展開の豊富さ 4.5価格の安さ 5.0

タイプ ソフト 容量 29L
折りたたみ時の厚さ 7.5cm 重量 1kg
サイズ 48×32×13cm 3辺の合計 93cm

機内持ち込み可能!ぺたんこに畳めて収納も楽ちん

100席以上の国内線や国際線、LCCへの機内持ち込みが可能な折りたたみスーツケース。布を使用したソフトタイプで、台座を外せばぺたんこにして収納できます。

容量は29Lと少なく、日帰りや1泊旅行、お土産を入れるサブスーツケースとして使うのがおすすめです。また、約1kgと非常に軽量なため、高齢の方のショッピングバッグとしても活躍します。

3KENOUKENOU 折りたたみスーツケース

11,800

★★★★☆4.5
コンパクトさ 4.5軽量さ 4.5走行のしやすさ 4.5カラー展開の豊富さ 4.5価格の安さ 4.5

タイプ ハード 容量 35L
折りたたみ時の厚さ 10cm 重量 2.25kg
サイズ 55×35.5×23.5cm 3辺の合計 114cm

静かにスイスイ動ける車輪がポイント

頑丈なハードタイプで、さまざまなシーンに使いやすい35Lのスーツケース。静音性に優れた「360°ユニバーサルホイール」を採用した4輪タイプで、重い荷物を入れても静かにスイスイ走行できます。

また、耐水素材を使用していて、突然の雨でも中身がびしょ濡れになる心配がありません。シンプルかつスタイリッシュなデザインで、ビジネスの出張時にもおすすめです。

4SUNGRANSUNGRAN 折りたためるキャリーケース Sサイズ

10,800

★★★★☆4.5
コンパクトさ 4.0軽量さ 4.0走行のしやすさ 5.0カラー展開の豊富さ 5.0価格の安さ 4.5

タイプ ハード 容量 38L
折りたたみ時の厚さ 12cm 重量 3.7kg
サイズ 56×40×23cm 3辺の合計 119cm

TSAロックやベルト付きで海外旅行にもおすすめ

どんな方向にも走行しやすい4輪タイプのハードキャリーケース。ダイヤルロック方式のTSAロックを採用していて、海外旅行にも安心して使えます。

また、中身の飛び出しを防ぐベルトが付いているのも嬉しいポイント。たっぷり入る容量38Lで1万円程度と、お手頃な価格も魅力です。

5&FLAT&FLAT 折りたたみキャリーケース FL14-4-00001

32,780 32,780円

★★★★☆4.4
コンパクトさ 5.0軽量さ 4.0走行のしやすさ 5.0カラー展開の豊富さ 5.0価格の安さ 3.0

タイプ ハード 容量 35L
折りたたみ時の厚さ 6.5cm 重量 3.9kg
サイズ 56×37×22cm 3辺の合計 115cm

わずか6.5cmの厚さに折りたためてスッキリ収納!

厚さわずか6.5cmの超薄型に折りたためるハードスーツケース。今回紹介する中でも最も薄く、クローゼットやお部屋のちょっとした隙間にも収納できます。

使用時は縦56cm×横37cm×奥行22cmとしっかり容量があり、2〜3泊の旅行にぴったりです。また、TSAロックや静音キャスターを搭載していて、使い勝手もばっちり。価格は3万円台と高価ですが、コンパクトさを重視して選びたい方はぜひチェックしてみてください。

6LeeDeeLeeDee 折り畳めるソフトキャリーケース

9,980

★★★★☆4.4
コンパクトさ 4.5軽量さ 5.0走行のしやすさ 4.0カラー展開の豊富さ 4.0価格の安さ 4.5

タイプ ソフト 容量 46L
折りたたみ時の厚さ 8cm 重量 2.2kg
サイズ 51×35×21cm 3辺の合計 107cm

畳めばコンパクト、開けば大容量で機内持ち込みに対応

46Lと大容量ながら、わずか8cmの厚みに畳めるソフトキャリーケースです。サイズもコンパクトで、100席以上の国内線やLCCへの機内持ち込みが可能。

また、畳んだ状態で旅行に持っていけば、お土産が増えたときのサブバッグとしても活躍します。スカイブルーやライラック、カーマインレッドなどの珍しいカラーもあり、人と被らないスーツケースを探している方にもおすすめです。

24,000

★★★★☆4.4
コンパクトさ 4.0軽量さ 4.5走行のしやすさ 4.0カラー展開の豊富さ 5.0価格の安さ 4.5

タイプ ハード 容量 40L
折りたたみ時の厚さ 11.5cm 重量 2.3kg
サイズ 55×40×20cm 3辺の合計 115cm

安定した走行が魅力の2輪モデル

ポップで可愛らしいデザインが目を引く、ハードタイプの折りたたみスーツケース。容量はたっぷり入る40Lで、3泊の旅行にも十分使えます。

また、安定感のある2輪タイプのため、でこぼこ道でもグラつかずに走行可能。内側には小物の収納に便利なポケットや荷崩れ防止のクロスベルトが付いていて、パッキングも楽ちんです。

8MORGEN SKYMORGEN SKY 折りたたみスーツケース XL07

11,980

★★★★☆4.4
コンパクトさ 3.5軽量さ 5.0走行のしやすさ 4.5カラー展開の豊富さ 4.5価格の安さ 4.5

タイプ ハード 容量 62L
折りたたみ時の厚さ 10cm 重量 2.8kg
サイズ 65×40×25cm 3辺の合計 130cm

62Lの大容量で1週間以上の長期旅行にもおすすめ

1週間以上の長期旅行にぴったりな、62Lの大容量スーツケース。折り畳むとわずか10cmの厚さになり、クローゼットやベッドの下にスッキリ収納できます。

素材には頑丈なABS樹脂を使用していて、長く使えるのもメリット。ただし、サイズが大きく機内持ち込みには対応していないので、飛行機を利用する際は受託手荷物として預ける必要があります。

9エー・エル・アイエー・エル・アイ 折りたたみ可能 スーツケース Locobox

14,850

★★★★☆4.3
コンパクトさ 4.0軽量さ 5.0走行のしやすさ 4.0カラー展開の豊富さ 4.5価格の安さ 4.0

タイプ ハード 容量 40L
折りたたみ時の厚さ 11.5cm 重量 1.9kg
サイズ 55×37.5×21.5cm 3辺の合計 114cm

わずか30秒で組み立て完了!機内持ち込みにも

わずか30秒ほどで簡単に組み立てられる折りたたみキャリーケース。コンパクトな設計で、100席以上の国内線や国際線、一部のLCCでの機内持ち込みが可能です。

一方、鍵が付いていないのは注意ポイント。もしも置き忘れた場合に盗難のリスクがあるため、貴重品は入れないよう気を付けましょう。

10HAPITAS(ハピタス)ハピタス 折りたたみキャリー

3,190

★★★★☆4.3
コンパクトさ 5.0軽量さ 5.0走行のしやすさ 3.5カラー展開の豊富さ 3.0価格の安さ 5.0

タイプ ソフト 容量 29L
折りたたみ時の厚さ 7.5cm 重量 1.04kg
サイズ 48×33×18cm 3辺の合計 99cm

日常使いにも適した折りたたみ式ソフトキャリー

約7.5cmまでコンパクトにできる、ソフトタイプの折りたたみキャリーケースです。容量は29Lで、1〜2泊旅行におすすめ。

約1kgと軽量で持ち運びやすいため、日帰りのアウトドアやスーパーへの買い出しなど、日常使いにも重宝します。一方、鍵が付いていない点や、耐久性に欠ける点はマイナスポイント。

スーツケースとキャリーケースの違いは?

スーツケースとキャリーケースは同じアイテム

キャスター付きの旅行カバンはスーツケース、キャリーケース、キャリーバッグなど、さまざまな呼び方がありますが、どれも同じアイテムを指しています。

元々のスーツケースは、出張の際にスーツをきれいな状態で持ち運ぶためのカバンを意味していて、キャスターが付いていなかったため、キャリーケースとは区別されていました。しかし、現在ではスーツケースもキャスター付きが主流となり、キャリーケースとの違いが無くなっています。

まとめ

今回は、折りたたみスーツケースの選び方と、おすすめ人気ランキング10選を紹介しました。使わない間コンパクトに収納できて、サブバッグとしても活躍する折りたたみスーツケースは、いま注目のアイテムです。記事を参考にお気に入りの商品を見つけて、旅行を楽しんでください!

また、折りたたみ式以外のキャリーケースも豊富に紹介しています。さまざまなタイプをチェックしたい方は、ぜひ記事を参考にしてください。

本記事は販売元公式サイト、Amazon、楽天市場など販売店の売れ筋、口コミ、アンケート、価格情報、検証情報を参考とし、Kaubelが独自に順位付けを行っています。
本記事の内容やランキング順位はメーカーからの商品提供、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。意図的なランキング操作を目的とした交渉は固くお断りしております。
本記事内の商品は各ECサイトが提供するAPIを使用し価格やリンクを自動生成しております。取得後に価格変動があった場合等、本記事と情報とは異なることがありますため、最新の商品価格・詳細情報については、販売店やメーカーをご確認ください。